この時期になると

 お中元シーズンだ。この時期になるといつも思うのだが、自分が送った商品の値段を書いたレシートと、何を送ってほしいかを相手に知らせればいいのではないか。

「その様な事をしたら品がない」と言う事なのかもしれないが、値段が分からないから送ってきた商品より高すぎない物、安すぎない物と相手に考えさせる。

ネットで調べればすぐに分かる訳だから、教えない事にさほど意味はないのではないか。

例えば「送った物は5千円の商品で、私はメロンが食べたい」と書いてあればもらった方は5千円相当のメロンで探す訳だから何にするか迷わせなくて済む。

届いた商品が自分の好きではない物だったと言う事はないだろうか。それでは意味がない。何を送ってほしいか教えていればこの様な事も防げる。

こちらの好きな物であれば毎年同じ物でもいいし、むしろ楽しみになりその方には、「こちらもいい物を送ろう」と言う気持ちになる。

何を送ったらいいのか、値段もわからないでは、お中元の数が増えるともらった人も大変だろう。

送ってほしい物と値段を知らせる。この様にすればお中元の習慣がより楽しく待ち遠しいものになるのではないか。

我ながらいいアイディアだと思っているのだが、実行している人は誰もいない。

 

 

 

 

 

 

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー