アンガーマネジメント

 アンガーマネジメントとは、職場等のコミュニケーションをよくする事や社員のイライラを取り除く為に怒りの感情をコントロールする事です。

1970年代からアメリカで取り入れられ、日本でも教育やビジネスの分野で広がりを見せています。

どこの職場にもすぐに人のせいにして他人の悪口ばかり言っている人がいますが、たいてい人のせいではなくその人のせいだとみんな思っています。

言ってみても聞く耳をもたないから言わないだけで、そのような人が会社の幹部にもいたりすると余計に社内が嫌な雰囲気になります。

そうかと思えば普段は物静かなのに怒りをため込んで何かの拍子に爆発させる人もいます。

何年も前の事を引きずっていて何度も思い出しては怒り出す人もいれば、思い通りに行かない事を上司には言えない為に、同僚の上げ足を取ってうっぷんを晴らしている人、日ごろのちょっとした事や、他人の言動にイライラして怒り出す人もいます。

「ああ自分の周りにもいる。上司に直接言うか、嫌ならやめたらいいのに」と思ったりします。

「この様な人達をどうにか出来ないものか、せめて相手にせずに済む方法や、自分だけでも怒りに左右されない様に出来ないものだろうか」と考える方もいるのではないでしょうか。

職場の環境が悪くなるだけでなく、人間関係が悪くなる事で生産性が低下し、怒っている本人や周りの人もストレスが溜まります。

「怒られている人が悪い」と思ったりしますが、後から考えると大した事ではないのに、さも大ごとかの様に言ったりする上司もいて怒りっぽい人のせいでうまくいかない事もあります。

そして、なによりも良くないのは、たいてい何の解決にもならない。怒る前と後でなにも良くならない事ではないでしょうか。

まあ日本には、アンガーマネジメント協会と言う一般社団法人が存在するぐらいなので、よほど日本社会は怒りに満ち満ちているのでしょう。

解決の仕方ですが、イラッと来たら何秒か数えてみる事だと言われています。怒りの頂点は、大体6秒だと言う事なのです

6秒を過ぎると怒りをコントロール出来る事になります。

別の方法として緊張した時も同じなのですが、第三者的目線で自分を客観視する事です。

「ああ、今自分は怒っているな」と他人があなたを見ている様に自分を見る事が出来れば怒りが収まっていくものなのだそうです。

確かに、あなたを見ている第三者は嫌な気分はしているでしょうが、あなたほど怒ってはいません。

むしろ「そんなに怒らなくてもいいのに」と思っている人もいるでしょう。

怒りに震えて我を忘れる前に試してみて下さい。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー