ガソリンが高い

ガソリンの値段が高い。1リッターあたり150円前後する所もある。遠方に行くときは、特に気になる。

私の覚えている限りでは、リッターで88円の時があった。

なぜこんなにも高くなったのか。

シェールガス等の新しい原油に変わるエネルギーに対抗する為に、価格を下げすぎた経験から産油国が協力して産出量を減らしている。

この政策は2018年末まで続くらしい。

次にサウジアラビア等の中東の産油国の政情不安がある。原油を我が物にしようとテロリスト等の危険な人たちも集まりやすい。

原油供給の途絶える危機は常にある。

3つ目に円安の影響で原油を輸入する時に多くの円がいる様になる。結果としてガソリンが高くなる。

輸出量や外国からの観光客も増えるので悪い事ばかりでもないが。

この様な理由から2018年は値段が高いままで推移していくとみられている。

ならばなんとか節約する方法はないかと思うが、急加速や急ブレーキをせずに40キロから60キロ位の一定のスピードを保つ。

又、アイドリングストップ機能がついている車でなければ、信号待ちでエンジンを切る必要はないそうだ。

エンジンを起動する時にもかなりのガソリンを消費する。

それと1月に1回は空気圧をスタンド等で見てもらう。空気圧が低いとタイヤの抵抗が大きくなり燃費が悪くなる。

この他にも不要な荷物は載せない等の対策をするしかないだろう。

 

 

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー