ルルドの泉

 ルルドの泉と言うのをご存知でしょうか?

ルルドはフランスの小さな町で人口1万5千人程で、スペインとの国境地帯にあります。

カトリック教会の巡礼地にもなっています。

この地で1858年2月11日に不思議な事が起こりました。

14歳のベルナデット・スビルーと言う少女が薪を拾うため妹や友達と洞窟の中に入ろうとしていました。

ベルナデットが洞窟の前の川を渡る為に靴を脱いでいると風の様な音が聞こえ、奇妙な音だと思ったベルナデットはあたりを見回しますが原因が分かりません。

しかし、柔らかい光に包まれた白い服を着て青い帯をした若い女性がいる事に気が付きます。

最初はこの女性に対してベルナデットは恐怖心を抱きますが、女性が微笑みながらロザリオを持ち、十字を切った後は恐怖心が不思議と消えていきました。

ロザリオの祈りを唱え、白い服を着た女性は15分位すると消えてしまいます。

この女性はこの後18回も出現し、ベルナデットに洞窟の土を掘る様に進言します。

その言葉に従い土を掘ると泉が湧き出し、その泉には病気を治す力があるとの評判が広まります。

人々の間では、「聖母マリア」が現れたと町中の噂になっていきました。

車椅子の女性がその泉の水を飲むと立ち上がれたり、医者から見放された人の病気が治ったりと様々な奇跡が起こります。

今では、毎年500万人もの巡礼者が訪れるカトリック最大の聖地になっています。

泉が枯れる事の無い様にローマ法王庁の許可制になっており、手に入れるのに3年かかるそうです。

大学等での研究も進み、ルルドの泉から豊富な活性酸素が検出されます。当時では奇跡と思われていた事に対しても2500件ほどあった「奇跡的な治癒」が今では公式に認定されているのは68件ほどに減りました。

個人的な感想では、68件でも医師が治せないものが治ったのだからそれ自体はすごい事なのではとも思いますが。

それはさておき、この聖母マリアが現れたと言うこの話本当なのかと誰もが思ってしまいます。

いたずらや嘘ではないのかと考えたりしますが、ベルナデットは自分が特別視されるのを極端に嫌がり、彼女見たさに来る客に会う事も嫌がりました。

そうした行動から「お金がほしい、有名になりたいと」考えていた訳ではないとされています。

喘息の発作で死にかけた時に、「訪問客に会うより今の方が楽です」と言ったエピソードがあり、彼女の気持ちを表していると言えるでしょう。

ベルナデットはこの喘息の悪化の為に1879年4月16日に35歳の若さで亡くなっています。

 

 

 

 

 

 

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー