不利

 早生まれの子供は他の子供に比べて不利だと言う。

勉強、スポーツだけでなく病弱で、1歳になる前に突然死を起こすのも早生まれに圧倒的に多い。

4年制大学に行ける早生まれの子供は少なく、反対に定時制高校などに行く子供は多い。

小学校に上がってすぐに7歳になる子と、1年近く経たないと7歳にならない子供が同じはずがない。

アメリカでは、早生まれの子供を遅生まれの子供と同級生にするのではなく一つ下の学年に出来るそうだ。

考えてみれば日本の学校は平成30年度と言う様に年度で1年を考える。

その為に平成30年4月2日から平成31年4月1日の子供が同じ学年になると言う事が起こる。

生まれた年が違うのに同じ学年になるのは問題ではないのか。

平成30年1月1日生まれから12月31日生まれの子が同級生になると言う様に、年度ではなく年で考えるべきではないか。

15歳から25歳までが一生で一番環境の変わる時だそうだ。

中学を卒業し高校大学に行き就職して結婚する。この時期がスムーズにいかないと生涯うまくいかない確率が高いらしい。

つまり小中学校でつまずくと、ずっとうまくいかないと言う事になる。

もっと学校や政府は早生まれの子供に配慮をしてあげるべきではないのか。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー