不動産の相続

1、不動産はトラブルになりやすい

 親が亡くなり不動産を残していれば誰かが相続する事になるのが原則です。

例えば両親が亡くなり子供二人で自宅と土地を相続したとするとその不動産を金銭の様に分けることが出来ないのが問題と言えます。

子供二人の内のどちらかが住み続ける場合には、もう一人の相続財産をどうするのか。

売却してそのお金を均等に分けるのでないのであれば、分割するのが難しいのでもめる原因となりやすいという事になります。

話し合いがつかなければ「共有」状態にするという事も考えられますが、この場合相続人同士の仲が良くないと後で処分などに困る事もあります。

最初は亡くなった方の子供さんの共有状態ですが、その子供、孫とだんだん相続人が増えていくからです。

一般的に相続人が増えていくと会った事もない方が相続人同士になるという事にもなります。

そして不動産を売却するなどの処分をしようとしても一名ぐらいは反対する方が出てきます。

不動産を単独で所有している場合は売却したり貸したり、修理をすることは一人でできます。

しかし、共有にすると売却には共有者全員の同意が必要になるので一人でも反対者がいると処分する事が出来ません。

そして不動産はその持ち主が誰であるかを公にする為に登記を行います。

この登記内容の変更を行うのはなかなか大変な手続きです。

不動産を共有状態にするとこの共有持ち分の割合や共有者が変わるたびに登記の変更手続きを行う事になるのです。

一人で不動産を所有している場合に比べ手続きの回数が増える事になります。

2、では、どうするのか

不動産を共有状態にしておくことがお勧めできないという事は分かっていただけたと思いますが、「じゃあどうしたらいいの」と言う事になります。

まず最初の遺産分割協議の段階で相続人全員で話し合う事です。

この時に話し合いがつかないからと言う事で共有にすると後々もめる事になるので、できるだけ一人の相続人が不動産を相続するようにします。

「でも、ほかの相続人はどうするの」と思いますが、共同相続人の内の一人か数人が遺産を取得してほかの相続人に代償金を与える「代償分割」と言う方法があります。

これにより不動産を相続した人は、他の相続人に遺産を継がせる事なく分割もせずに自分が取得できます。

また、相続税が少なくて済む事も多いのが特徴です。

デメリットとしては不動産を相続した人は他の相続人に代償金を支払う事になる為に、かなりの資産を有している必要があります。

代償金は遺産から支払うのではなく不動産を相続した方の財産から支払う事になるからです。

すぐに代償金を支払えない時は将来払うという事にもできますが、その合意が守られるとは限らない為にトラブルになる事もあり得ます。

そして評価が難しい不動産や相続人同士で評価が分かれる場合にも争いとなるケースがあります。

「代償分割は不動産を相続する人にお金がないと難しいから無理」と言う場合は、「換価分割」と言う選択肢もあります。

換価分割とは遺産を相続人が共有している状態で売却してお金に変え、そのお金を分割する事です。

これにより誰かが代償金を用意する必要もなくなります。

相続人の方達が住んでいる所から離れている不動産で、そのままの状態ではほしくないという財産の場合に現金にして配る方がいい事もあるでしょう。

デメリットとして希望した価格での売却が出来ない事もあるという事。

売却に際しての処分の手間や費用、時間もかかります。

費用がかかる事で相続財産が減少する事になります。

そして不動産を手放すことになるので、そこに住む予定だった人は新たに住居を探す事になります。

 

 

 

 

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー