相続人が遺言者より先に亡くなる事もある

1、遺言書を作成した後の状況変化

 「自分に何かあった時のために遺言書を作成しておこう」と思って作成している方も多いともいます。

しかし、遺言書を作ってから何年も経つと「遺言を作成した時と状況が変わった、内容を変更したい」と言う事もあり得ます。

遺言書は何度でも書き換える事が出来ます。

「長男に財産をあげようと考えていたけど別の人が自分によくしてくれるのでその人に財産をあげたい」「家族構成の変化があった」などの理由で変更したいと考える事もあるかもしれません。

しかし、実際問題としては遺言者を作成するには遺言者に「遺言能力」が必要です。

遺言能力とは誰に何を相続させるかを理解して判断する能力を言います。

遺言者は自分が作成した遺言の通りにしたら、その結果どうなるのか分からないといけないという事になります。

認知症で遺言をすることが出来なかったりする事も考えられますし、公正証書遺言は作り変えるのに経済的な負担もかかります。

このような事を考えると状況の変化により何度も作り変えるのは、現実問題として難しい事も多いと思います。

遺言の本来の目的は相続人間の争いを防ぐ事です。

状況の変化にある程度対応できる様な遺言をはじめから作成しておく事が相続人の方に負担をかけない事になります。

2、相続人が被相続人より先に亡くなった

例えば、「長男に私の自宅である不動産を相続させる」と遺言に記載していても遺言者が亡くなる前に長男が亡くなったらどうなるでしょうか。

長男の子供がいる時は財産が子供に行くのか、それとも相続人同士で遺産分割協議をする事になるのかとも考えます。

どちらにしても長男に相続させたいという遺言の通りにはならないという事になります。

この場合は、長男に相続させるという遺言は効力を有さずに法定相続人が遺産分割協議をする事になります。

「なんのために遺言を残したのか」と遺言者は思うのではないでしょうか。

このような事を避ける為に「予備的遺言」をすることが出来ます。

予備的遺言とは、「私の財産は長男に相続させる、長男が私より先に亡くなった場合は〇〇に相続させる」と言う風に次の財産の受取人を決めておく事です。

財産を渡したい相手が被相続人と同年代の配偶者や兄弟姉妹である時は特に有効ですし、子供さんに相続させる時でも被相続人より長生きするとは限りませんので次の相続人を決めておく事が相続人同士のトラブルを防ぐ事にもなります。

予備的遺言をする事で相続人は遺産分割協議でもめる可能性はなくなりますので、被相続人の方は遺言書を作成する時は相続人が先に亡くなった場合に次の相続人を誰にするかを考えて作成する事が大切です。

 

 

 

 

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー