事故率

 車の色によって事故率に違いがある。

白やシルバーの車は光を反射しゃすく、昼夜問わず目立つため周りから確認しゃすく事故率が低い。

赤やオレンジ、黄色は進出色と言われ実際の距離よりも近く見える為に同じく低い。

子供が雨の日に着るレインコートや、子供用傘に黄色が多いのはその為と言う。

個人的な意見では赤い車に乗っている人はスポーツタイプの車も多いが、事故が少ないと言えるのだろうか。

雪の多い所では白い車もよくないらしい。

高級感があるので人気がある黒い車は、夜間は見えにくいために事故率が高くなる。

青系統や紫色は後退色と言われ実際より遠くに見える為にやはり高い。

しかし、このような理由で車の色を決める人はどれくらいいるだろうか。

あまりスピードを出さず、早めにライトを点灯させるなどすればそれほど問題ないような気もするが。

ちなみに黒は塗料としては安い。反対に黄色は高い。

つまり同じ車でも黄色い車の方が実際には高いので、黒い車を購入した人は黄色い車の人の費用を出してあげていることになる。

ならば安全を兼ねて黄色の車にするのもいいかもしれない。

 

 

 

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー