二次相続

 ここ10年で相続に関する相談件数はほぼ倍になり、それにつれて争いも増えて来ています。

もめる原因はさまざまですが、まず相続財産にどんなものがあるのかを把握しておくことが大事です。

いざ相続が始まってから慌てて調べるのではなく、前もって調べておきます。

財産が不動産などの分けにくい物だけであるケースでは、特に気を付けておく必要があるでしょう。

現金などの場合も親の介護に対する貢献度や、相続人同士の立場の違いでトラブルに発展する事もあります。

私の知っている限りでは、相続人の兄弟二人の年収の違いからもめたケースがありました。

夫婦の一方が亡くなる場合の「一次相続」は配偶者の方が財産を取得する事が多く、子供もそれが当たり前と思っているのでもめるケースは少ないです。

問題は親から子供への「二次相続」です。

先ほど記載したように立場の違いや、「もらえる物は少しでも多くもらおう」と考えもめてしまうのです。

親に「相続の用意をしておいたほうがいい」とは言いにくい方も多いでしょうから出来れば親御さんの方から話を切り出されてはいかがでしょうか。

 

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー