代襲相続

1、代襲相続とは何か

法律で決められている相続人は、亡くなった方の配偶者と子、親、兄弟姉妹となります。

しかし、父親が亡くなり、その相続人が配偶者とその子である場合で、父親が亡くなる前に子供が亡くなっている時はどうなるでしょうか。

この場合は、その孫が相続人となり孫もなくなっている時は、ひ孫が相続人となります。

孫が相続人となる事を代襲相続、ひ孫が相続人となる事を再代襲相続と言います。

分かりやすく孫・ひ孫と書きましたが、その後の代がいるのであれば永遠に続きます。

この様に本来の相続人に代わり、孫・ひ孫、甥姪が相続人となる事を代襲と言います。

2、孫・ひ孫その後の代もいない

孫・ひ孫その後の代もいない時は、配偶者と被相続人の父母が相続人となります。

父母が被相続人より先に亡くなっている場合には、その祖父母が相続人となりますが、これは代襲相続とは言いません。

代襲相続とは相続する権利が下の代に移る事を言います。

では、配偶者と兄弟姉妹が相続人のケースで、兄弟姉妹が被相続人より先に亡くなっている時はどうなるのか。

この場合は、兄弟姉妹の子、被相続人から見ての甥姪が相続人となります。

甥姪が亡くなっていてもその子供まで再代襲が起こる事はありません。

被相続人と甥姪の子供は会った事がない事も多く、そこまでの代襲を認める必要はないと言う事になるのだと思われます。

つまり、被相続人の兄弟姉妹が相続人の時の代襲は甥姪までとなります。

3、養子も代襲できるのか

祖父が亡くなり、Aさんの父親が祖父の養子になっており、祖父が亡くなる前に亡くなっているケースで、父親が祖父の養子になる前にAさんが生まれていた時には、祖父の遺産を相続できるのでしょうか。

代襲相続は、被相続人の直系卑属(子供・孫等)でないと出来ません。

父親と祖父が養子縁組をした後にAさんが生まれたのであれば、Aさんは祖父の直系卑属となるので、財産を相続できます。

養子縁組前に生まれていたのならAさんは財産を相続できない事になります。

縁組前に生まれていた養子の子は、祖父の直系卑属とはならないので、代襲は起こらない事になるのです。

この様に、相続の開始以前に被相続人の子等が死亡していた時の他にも相続欠格事由(一定の事由がある場合に相続人から除外される事。例えば、被相続人や相続人を殺害し、又は殺害しようとした為に刑に処せられた者)がある時。

相続から廃除(被相続人を相続人が虐待した等の場合に被相続人が生前に申し立てするか、遺言で相続人の地位を奪う事)された時も、その者の子が代襲して相続人となります。

 

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー