任意整理

1、任意整理とは

 任意整理とは裁判所を通さずに借金を減額したり、利息を減らして返済額を軽くする手続きです。

任意整理で減額できるのは利息制限法で定められた利率より高い利息の借金です。

ショッピング、車や住宅ローンなど利息制限法より低い金利の借金は減額できないという事になります。

利息が高い業者との取引期間が長いほど減額の幅が大きくなる傾向があり、取引によっては借金がゼロになる事や過払い金がある事もあります。

借入期間や取引の推移、利息の変化などでどのくらい減額できるかが異なってきます。

似たような言葉として債務整理と言うものがありますが任意整理も債務整理の一つです。

債務整理には他にも自己破産や個人再生などの手続きがあります。

任意整理は、裁判所が間に入らずに当事者同士の話し合いで借金の返済や分割返済についての交渉を行っていくので当事者双方の同意が必要です。

任意整理をしたいと考えていても支払い能力や借金の金額などに問題があれば自己破産や個人再生などの別の方法を検討する事になります。

2、任意整理の要件

任意整理は借金の総額を減らすことはできても元本を減らすことは出来ないという事があります。

具体的には、未払いの利息や将来利息などが免除されて返済額を確定して毎月の一定額を返していくことになります。

自己破産や個人再生は、借金の一部か全部の支払いを免除されるのに対して任意整理は今までの借入期間や借入金額、借入時の利息などで借金があまり減らない場合もあるという事になります。

返済する方は、原則として3年(最長でも5年)以内で元金分を返済できる支払い能力がないと任意整理を行えません。

つまり返済者に安定した収入がある事が必要で、無職である時は任意整理を行うのは難しいと言えます。

また借入期間が短期間であったり、借入期間中に支払いが滞ったりしたことがある時にも任意整理に応じてもらえないケースがあります。

任意整理をした方がいいのは借金を返済できる収入のある人、手早く手続きを済ませたい人、家族に分からないように返済の負担を減らしたい人、過払い金が発生している人などが挙げられます。

3、メリット・デメリット

任意整理のメリットとしては、裁判所を通さないので要件や手続きが比較的容易である事。

裁判外の手続きなので財産を処分されたり、資格が制限され足り、住居の移転制限もありません。

官報(法律の制定などを知らせる政府の機関紙)に掲載される事もないので自己破産や個人再生よりは周りの人に知られる事は少ないでしょう。

また、自己破産や個人再生の場合は借入をしている業者全てに手続きを行う事になります。

任意整理は一部の業者にだけ任意整理を行うという事も出来ます。

整理が難しい業者を除外できるという事です。

そして何より将来の不安を軽減できるというのが一番のメリットと言えます。

デメリットとしては、先ほど記載したように自己破産や個人再生の様な法的手続きと比べると借金額が減らず返済があまり楽にならないケースがあるという事。

そしてブラックリストに載るという事があります。

ブラックリストに載ると大変な事になるというイメージを持っている方も多いと思います。

一般的には5年から7年は、新たにお金を借りたりクレジットカードを作ることが難しくなります。

しかし、物は考えようで「もう同じことを繰り返さないように借金をしないぞ」と考えている方にはむしろいい事なのではないでしょうか。

ブラックリストに載るという事は、大したデメリットとは言えないのかもしれません。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー