健康の為にウォーキングを

 これと言って大した趣味のない私だが、ウォーキングを時間がある時は行っている。

ランニングも以前は行いっていたが、早朝ランニングなどはあまり体に良くないと聞いた。

ランニング中に心臓発作で倒れたと言う様な話は聞いたことがある方も多いと思う。

スポーツはきちんと水分と食事をとって3時間ほど経ってから行うのがいいと言う事だ。

まあ考えてみればきちんと体調を整えてから行うのが当たり前で、起きてからすぐに行うのは良くはないのだろう。

どうも日本人は朝早くから起きてきつい事を我慢して行うのがいいと思う考え方がある。

修行ではないのだからしんどい事を我慢する必要はないだろう。

どんなスポーツでも疲れてしまうと実力を発揮できないし、プロになる訳ではないのだから楽しく行えるのが一番だろう。

その点ウォーキングは気軽に行え、健康にもいい。

ある大学の研究によると、定期的なウォーキングは血圧の数値を11ポイントも下げてくれる。

心臓発作のリスクを20%から40%も減らしてくれるそうだ。

週に5日かそれ以上30分のウォーキングを行うと、歩く習慣のない人に比べて心臓疾患のリスクが30%以上も低い。

そして胃腸などの消化管系の動きを活発化してもくれるのでトイレに悩まなくなる。

内臓の働きが活発になるので血糖値やコレステロール値がコントロールされ、糖尿病や高脂血症等の生活習慣病を予防する事も出来る。

仕事柄一日中室内で仕事を行い気分が晴れない時に外に出て歩いてみると、不思議にそれまでのネガティブな思考から解放される。

脳内でエンドルフィンと言う「幸せホルモン」分泌され幸福感が増すことでストレス解消になるからかもしれない。

全身の血流が上がる事で脳への血流も増し、脳の働きが活性化し仕事や勉強の効率も上がる。

血流が上がると基礎代謝も上がるので、肥満予防にも効果的だ。

車に乗っていると気付かない様な事に気づいたり、普段通らない路地裏に「こんな店があるのか」と思ったりもする。

お金を出して海外まで行かなくても結構近くでいろいろな事を見つけられるものだ。

ウオーキングの始め方だが、最初から長距離を歩く必要はないと思うし、無理をすると膝などが痛くなったりもする。

10分か15分ぐらいから始めて、徐々に距離を伸ばしていくのが私がやってみた感じではいいと思う。

「健康の為に何か始めたい」と思っている方は、ウォーキングも選択肢の一つとして考えてみてはどうかと思う。

私は「思った以上にいいものだ」と思って10年以上続けている。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー