再転相続

1、再転相続とは

 あまり聞きなれない言葉ですが、「再転相続」と言う言葉があります。

最初の相続の相続人が相続を承認するか放棄するかを判断する前に亡くなり次の相続が始まる事を言います。

例えば、祖父が死亡し祖父の相続人である父が亡くなった時などです。

高齢化社会により、この様なケースは増えていくものと思われます。

祖父が亡くなりその相続人が父である場合に父が亡くなると孫が相続人となります。

つまり、祖父が死亡して父が相続の手続きをしている間に父も亡くなり孫が父親の相続をすると共に相続についての父の権利を承継すると言うのが再転相続です。

子供はそれぞれの相続について承認するか放棄するのかを判断する為に被相続人の遺産状況や借金があるかないかを調べる事になります。

そして原則として、第一相続と第二相続の相続のどちらも承認する場合は遺産分割協議書を二通作成する事になります。

第一相続と第二相続の相続人が同じであれば遺産分割協議書はまとめて一通作成すればいい事になります。

再転相続は、祖父の財産を相続して父の財産を相続する事は当然出来ます。

どちらの相続も放棄することも出来ます。

祖父の相続を放棄して父の財産を相続することも出来ます。

しかし、祖父の財産を相続して父の相続を放棄するという事は出来ません。

この辺りは複雑で、相続放棄をするという事は他の方にも影響する事もあります。

基本的に相続放棄をする場合は次の相続人に知らせてあげる事が親切だと言えます。

「よくわからないけど、借金があるから放棄しよう」ではなく、ご自分で調べるか専門家などにも相談する事をお勧めします。

2、再転相続の相続放棄

相続放棄をするには原則として、「相続人が自己のために相続があったことを知ってから3か月以内」とされています。

相続をするかしないかを決める期間を「熟慮期間」と言い、この熟慮期間を過ぎてしまうと「単純承認」したものとみなされ相続放棄をすることが難しくなります。

単純承認とは、プラスの財産もマイナスの財産もすべて引き継ぐ事を言います。

再転相続の場合この熟慮期間の始まる3か月をいつから数えるのかと言う事になります。

この場合は、第二相続である父親が死亡してから数える事になります。

祖父が死亡して父親が亡くなった場合に孫は、父親が死亡してから3か月以内に承認するか放棄するかを決める事になります。

3、代襲相続との違い

再転相続と「代襲相続」はよく似ている制度である為に間違えやすいと言えます。

代襲相続とは相続人となる人が被相続人より先に亡くなっている場合にその相続人の子供が相続人となる事です。

代襲相続は被相続人が亡くなる前に相続人が死亡している場合を言い、再転相続とは被相続人が死亡した後で相続人が死亡している場合と言う事になります。

代襲相続の相続個数は一つである事と相続が発生する原因が相続人の死亡や相続欠格・排除である事。

再転相続の相続発生個数は二つで相続発生原因が熟慮期間内での相続人の死亡という所がこの二つの違いです。

 

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー