半血兄妹姉妹の相続

1、兄妹姉妹の相続割合

 例えば亡くなった方(被相続人)に子供がおらず両親・祖父母もいない時は、亡くなった方の配偶者と兄弟姉妹が相続人となります。

配偶者は常に相続人となり、もし子供がいれば父母や兄弟姉妹は相続人とはならず子供がいない時に父母・祖父母が相続人となり、父母・祖父母もいない時に初めて兄弟姉妹が相続人となります。

配偶者と兄弟姉妹2人が相続人の場合の相続割合は配偶者が4分の3で兄弟姉妹が4分の1となり、この4分の1を兄弟姉妹の人数2人で分ける事になります。

具体的な数字を見てみると相続財産が8千万の場合は配偶者は4分の3の6千万円。

兄弟姉妹は4分の1の2千万円を二人で分けるので一人1千万円となります。

兄弟姉妹が死亡している場合は、被相続人から見ての甥・姪が相続人となります。

相続割合も変わりませんが、甥・姪も死亡していたらその子供には相続権がありません。

配偶者は甥・姪とはあまり会った事がなく疎遠だという事も多く、夫が死亡した際に「夫の父母・祖父母も兄弟姉妹も死亡しているので相続人は自分だけ」と思い込んでいる事もあります。

被相続人の甥・姪までは相続人となる事があるという事を知っておいてもらいたいと思います。

2、異母兄弟

同じ兄弟姉妹の相続でも異母兄弟が相続人となる事があります。

被相続人である父親が再婚で前の配偶者との間に子供がいる場合、後妻の子供からすると母親が違う異母兄弟がいる事になります。

亡くなった方と父母が同じ兄弟姉妹を「全血兄弟姉妹」と言うのに対して異母兄弟を「半血兄妹姉妹」と言います。

父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹の相続分は、父母の双方を同じくする兄弟姉妹の相続分の2分の1が法定相続分となるという民法900条4項のただし書きがあります。

なかなか分かりにくいのでこれを具体的な例に当てはめてみます。

相続財産が1千万円で相続人は配偶者と全血兄弟姉妹の二人と半血兄妹姉妹の一人とした場合。

この際の計算式があり、全血兄妹姉妹と半血兄妹姉妹の相続分は以下の計算式となります。

・各全血兄弟姉妹の相続割合 2/(2×全血兄弟姉妹の人数)+(半血兄妹姉妹の人数)

・各半血兄妹姉妹の相続割合 1/(2×全血兄弟姉妹の人数)+(半血兄妹姉妹の人数)

全血兄弟姉妹の人数2人×2で4+半血兄妹姉妹の人数1人で5となり全血兄弟姉妹の相続割合は5分の2、半血兄妹姉妹の相続割合は5分の1となります。

これに4分の1をかけて全血兄弟姉妹の法定相続分は10分の1ずつ半血兄妹姉妹の法定相続分が20分の1となります。

この結果、配偶者は4分の3である750万円。

全血兄弟姉妹は各100万円。

半血兄妹姉妹が50万円となります。

3、留意点

異母兄弟と仲がいいという事でなければもめてしまう事もあり得ます。

円満に相続を進める為にまずは連絡先を聞いておく事が大切です。

所在が分からないという時は親戚に問い合わせてみる事や親の生れてから亡くなるまでの戸籍を頼りに異母兄弟の戸籍の附票を取り寄せるという方法もあります。

戸籍の附票とは住所の移動が記載されている書類です。

ただし、戸籍を取り寄せるのは入手条件が制限されており時間も手間もかかるので専門家にも相談してみてください。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー