天才の特徴

 1、リンカーン

 世の中には天才と呼ばれる人たちがいてその特徴があるとされています。

その一つとして人の意見に耳を傾けることが出来る人物というのがあるそうです。

ほとんどの人は自分と違う意見を嫌がり、それにより争いごとが起きたりします。

アメリカの第16代大統領エイブラハム・リンカーンは中学生の子の今で言うファンレターのようなものに「あなたはきゃしゃなので、ひげを伸ばした方がいいですよ」と書かれていたのを大変喜んでひげを伸ばし始めたと言われています。

会社の社長でもワンマン社長がいるように「俺はえらい」と思ったら人の意見を聞かなくなるものです。

しかし、リンカーンは中学生の子供の意見に耳を傾け「大統領に意見するとは何事か」と怒るのではなくむしろ喜んでその通りにしています。

リンカーンがアメリカ大統領の中でも特に名前を知られているのは、このような所にあるのではないかとも思います。

 2、ヒトラー

ナチス・ドイツの総統ヒトラーも一つの考えに固執せず、広い視点で物事を考える人物でした。

ヒトラーと言えば第2次世界大戦を始めた独裁者というイメージです。

ですが、ドイツは第一次世界大戦でも敗戦国となり経済はかなりのダメージを受けていました。

このドイツ経済を数十年でまた戦争が出来るほどに建て直したのがヒトラーで、もし第二次大戦を初めていなければドイツを再建した立役者として名前を残していたと言われています。

ヒトラーは「ゲルマン民族こそ世界最高の民族で、他民族は排除していく」という事を言っています。

しかし、日本のいい所は取り入れようとしていました。

ヒトラーには影武者がいたとされていますが、これは日本の武田信玄や徳川家康の影武者を模したと言われています。

また戦地では激戦地になるほど食料などを大量に調達するのが難しくなります。

その為にヒトラーは、携帯に便利で栄養価の高い納豆にも注目していました。

ヒトラーはIQ200以上の天才だったとされています。

リンゴが木から落ちるのを見て万有引力を発見したニュートンは晩年に「私は海岸で貝殻を見つけて喜んでいる子供のようなものでした」と言っています。

万有引力の発見は海岸で貝殻を見つけた位で目の前には大きな海が広がり、もっとすごい世界があるとわかっているのに見つけられなかったという事です。

自分の能力を過信せずに物事を冷静に分析し、人がどんなに称賛しても舞い上がって人を馬鹿にしたりせずにいい意見は取り入れ、分からなかったことを素直に認めることが出来る人を天才と言うのでしょう。

 

 

 

 

 

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー