孫に遺産を残したい

1、孫に財産を残せるのか

 お孫さんがかわいいのでお孫さんに財産を残してあげたい、そもそも自分の子供を飛ばしてそんなことが出来るのかと考える方もいると思います。

生前にお孫さんにしてあげられる事は何か、どうすれば思い通りに財産を渡すことが出来るのかを考えてみたいと思います。

被相続人に配偶者がいる場合、配偶者は常に相続人となります。

この配偶者とは法律婚をしていると言う意味で離婚した前の配偶者や内縁関係も含まれません。

配偶者以外の相続人で第一順位になるのが被相続人の子供です。

もし被相続人の子供が被相続人より先に亡くなっている時には孫が相続人となります。

この子供や孫がいない時は被相続人の父母・祖父母。

父母・祖父母もいない時は被相続人の兄弟姉妹が相続人となります。

つまり、被相続人の子供が生きているのなら原則として孫が相続人になる事はありません。

「子供さんに相続放棄をしてもらったらいいんじゃない」と考える方もいるかもしれません。

しかし、相続放棄をした場合その人は初めから相続人ではなかったという扱いとなりますのでその孫も相続人とはなりません。

子供さんが相続放棄をしてもお孫さんが財産を受け取れる事はないという事になります。

2、養子縁組をする

孫に財産を渡す方法として養子縁組をすることが考えられます。

法律上の「子供」にする事で遺産相続においては実子と同じ権利を持つことになり法定相続分も同じです。

ただし、このやり方は本来の子供さんの相続財産が減る事になる可能性が高い上に一部のお孫さんだけを養子にするとその他の方からの不平不満が出てくる事も考えられます。

後々相続人の方から裁判を起こされて養子縁組を否定されたというケースもありますので慎重に行った方がいいと思います。

3、遺言書を残す

二つ目の方法として遺言書を残すというやり方があります。

相続の順番や法定相続分を気にする事なく遺言書を残す方の希望通りに遺産を残してあげられる可能性が高いです。

特定の孫にご自分が希望する遺産を希望する割合で渡すことが出来るので孫への遺産相続をしたいのであれば一番お勧め出来る方法です。

遺言書ではだれにどの財産を相続させるのかを指定する事も出来るので孫に多くの財産を上げることが出来ます。

この場合、少しでもトラブルになる事が心配であるなら確実に孫に財産を残す為に公正証書遺言にしておくと良いでしょう。

注意したい点として相続人には最低限の遺産を受け取れる割合である「遺留分」が決められています。

遺留分の割合として配偶者や子供の遺留分は相続財産の二分の一。

親の遺留分は三分の一。

兄弟姉妹には遺留分はありません。

孫に財産を多く残してあげたいが為に他の相続人の遺留分を無視した遺言書を作成するとトラブルの元になる事もあります。

作成段階で遺留分に配慮するとともに公正証書遺言の事や遺留分がよく分からないという場合には専門家にも相談してみてください。

 

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー