家族信託

1、家族信託とは何か

 家族信託と言う制度があります。

信託と言うと投資信託などを想像される方も多いと思いますが、そもそも信託とは自分の財産を信頼できる人に託して自分が決めた目的に沿って管理・運用してもらう制度の事です。

これにより金銭や有価証券など様々な財産を預けることが出来、目的に合わせて管理・運用、支払方法などを決めることが出来るようになります。

家族信託とは財産管理の手法の一つで、資産を持っている方が自分の老後の生活や介護などに必要な資金・不動産を信頼できる家族に託して管理・処分を任せる仕組みです。

もともと財産を持っていた方を「委託者」と言い、委託者から財産の管理・運用・処分を任される方を「受託者」、信託財産から生じた利益を受ける人を「受益者」と言います。

この委託者・受託者・受益者は信託において必ず登場しますが、委託者と受益者を同じ人にすることも多いので最低でも二人いれば家族信託を始めることが出来る様になります。

通常であれば信託は信託銀行が行う投資信託や年金信託などと言うイメージですが、信託銀行だけでは消費者のニーズに答えられない場面が増えてきました。

このため家族に受託者になってもらおうという訳です。

2、メリット

認知症や脳梗塞などが発症すると本人の判断能力が低下する為に遺言の作成や相続対策を行う事が難しくなります。

被相続人が元気なうちに財産を管理してくれる人を選んでおく任意後見制度と言うものがありますが、機能し始めるのは実際に判断能力が低下してからという事や家庭裁判所の関与が必要であるために柔軟な対応が難しいと言う事があり任意後見制度だけでは限界がある為に家族信託が注目されています。

家族信託は、認知症や相続の対策となり成年後見制度とは違い本人の判断能力がある状態から利用でき柔軟な財産管理が可能となります。

これにより親が認知症になり高額商品を買わされたり、詐欺にあう心配もなくなります。

また、事前に何の対策もしないまま親が認知症になると預金が凍結されてしまい、その子供さんでも預金をおろせなくなりますが、このような事を防ぐことが出来る様になります。

そして障害がある子供さんがいるケースでも使うことが出来ます。

障害のある子供さんを持つ方は、ご自分が亡くなった後のこと悩んでいる方も多いと思います。

自分の財産を信頼できる親族に託し、自分が生きている間は受託者兼受益者となります。

死後は子供を受益者にする信託契約を結んでおくことで親亡き後の子供さんを守る事が出来ます。

これ以外のメリットとして、相続財産の不動産を遺産分割で話し合いがつかずに共有状態にしている事があります。

この場合、共有者全員の同意がなければ売却などを行うことが出来ず思うように資産を活用できないという事も起こりえます。

しかし、家族信託を利用すれば一名の受託者に管理・処分権を集約するという方法も可能です。

3、デメリット

デメリットとしてそもそも財産を信頼して預けられる親族がいるのかという事があります。

また、家族信託の受託者には成年後見制度の様な身上監護権がありません。

身上監護とは、介護施設への入所手続きや病院への入退院手続きを行う権限の事です。

身上監護を任せたい場合は成年後見を合わせて依頼する事になります。

そして家族信託は信頼できる親族に財産管理を任せる仕組みなので、不動産を信託財産とするには不動産名義を受託者名義に変更する事になります。

当然、委託者が生きている間の実質的支配権は委託者にありますが、名義が変わる事に抵抗を感じる事もあるかもしれません。

 

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー