数次相続

1、数次相続とは

 被相続人が亡くなり遺産分割協議や相続登記、名義変更を行う前に相続人が亡くなり次の相続が始まる事で、最初の相続を一時相続、次の相続を二次相続と言います。

この様に遺産分割などを行わないうちに次の相続が始まる事を数次相続と言います。

例えば父親が亡くなりその相続人が母親と子供であるケースで、父親の遺産分割協議が終了する前に母親が亡くなると、残された子供は父親の遺産分割協議のみでなく母親の遺産分割協議も行う事になります。

遺産分割協議に期限はありませんのでいつまでにしないといけないという事はないのですが、長期間遺産分割を行わないと複数の相続が発生する事になります。

被相続人や相続人が多数存在することになり権利関係が複雑となります。

これによりただでさえもめる可能性のある相続がどのように遺産を分割するのかでトラブルになる事があります。

次の事を考えて早めに遺産分割を行う事が大切です。

2、代襲相続との違い

代襲相続とは相続人である子供または兄弟姉妹が相続が開始した時点で死亡しているか相続人の廃除や相続欠格などで相続人となれない場合にその子供が相続人となる事を言います。

分かりやすく説明すると親Aとその子B、孫CがいてAの相続が開始した時点でBが既に死亡している場合にはCが相続人となるという事です。

つまり法定相続人が変わるのが代襲相続です。

相続放棄の場合は代襲相続は行われません。

相続放棄をした人は初めから相続人ではなかった事になるのでその子供も相続人とはならないからです。

「数次相続やら代襲相続って分かりにくいな~」と思ってしまいますが相続人が死亡した日が被相続人の死亡した日より後なら数次相続となり相続人が死亡した日が被相続人の死亡した日より前なら代襲相続となります。

一度聞いただけでは理解しにくい所ですが、この辺りは難しいので私も何回も読みかえして勉強しました。

何回も読まないとなかなか分からないのが普通だと思います。

3、相続が始まったら

相続と言うものは数次相続や代襲相続に限らず何が起こるかわかりません。

遺産分割中に相続人の知らない遺産が出てきたり、予期せぬ相続人がいることが分かる事もあります。

大切なことは「相続人はこれだけ」と思わずに、まずは戸籍を取り寄せ相続人を特定する事です。

また兄弟姉妹の子供が相続人となる代襲相続の場合では普段からそんなに連絡を取っていない状態と言うケースも多くその様な場合は連絡しにくいものです。

しかし、遺産分割は相続人全員で行わないと無効となります。

専門家にも相談してみてください。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー