歴史とは

 私は歴史が好きで歴史を扱った番組をよく見るのですが、よく聞いていると○○であったと言われていますとか○○と思われますと言う表現がほとんどで憶測でいっているのではないかと思われる所が多くあります。

例えば、どなたでもご存知の1600年の関ヶ原の戦いは、どちらに着くか態度をはっきりしていなかった小早川秀秋の陣営のある山に向けて業を煮やした徳川家康が鉄砲を撃ち込ませ、驚いた小早川秀秋が家康に味方した為に石田三成は敗れたと言う事になっています。

しかし、石田三成は小早川秀秋が裏切る事を事前に知っていたと言う説もあります。

関ヶ原の戦場址には、秀秋のいる山の方へ向けて石を積み上げて石塁を作った痕跡が見つかっています。

それ以外の大名が裏切った為に三成は負けた可能性があるのです。

三成を裏切った大名は3名で、結果的には家康に味方したにもかかわらず、関ヶ原の戦いの後で取りつぶしにあっています。

関が原での事が原因かどうか定かではありませんが、大名にとって取りつぶしが一番重い処分である事を考えると、かなり問題のある事をしたのは間違いありません。

小早川秀秋は、伝えられているような卑怯者ではなく濡れ衣を着せられているかもしれないのです。

400年以上も前の事がはっきりわかる方が不思議で、家康が勝って江戸幕府を開いたと言う以外は、何があったのかよく分からないと言うのが本当なのでなないでしょうか。

他にも、いま大河ドラマで放送されている「西郷どん」の西郷隆盛は、隆盛と言う名前は父親か祖父の名前で、戸籍を作成する際に間違えてしまったのが現代に伝えられています。

そしてこれだけの有名人であるにもかかわらず、これが本人と分かっている写真は一枚も存在しません。

歴史の教科書で見た目が大きく愛嬌のある西郷隆盛の写真らしき物を見た事を覚えている方も多いでしょうが、あれは西郷隆盛を見た事があると言う人の証言により作成した似顔絵です。

東京上野公園に西郷隆盛の銅像がありますが、除幕式の時に西郷隆盛の奥さんが出席していて、「うちの人は、こんな人じゃない」と言ったそうです。

銅像は本人に似ていない事になります。

又、これが西郷なのではないかと言われる数名の政府高官が写る写真が存在します。

確かに体系はガッチリしていますが、目は細く教科書で見た西郷とは別人に見えます。

つまり、西郷隆盛は名前も顔もよく知られていない事になります。

大河ドラマが放送されるたびに「史実と違う」と言う人がいるのですが、その史実がどこまで本当の事を伝えているのかかなり疑問です。

ドラマなのだから、面白くする為の演出もある。面白ければまあいいんじゃないかと言うぐらいに思ってみる方が楽しめると思います。

 

 

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー