生命保険(死亡保険)と相続放棄

1、生命保険は相続財産か

 相続放棄をするとその相続人は初めから相続人ではなかった事になります。

当然ですが、その相続に関してはマイナスの財産のみではなくプラスの財産も受け取れなくなります。

遺産を全く引き継ぐことが出来なくなる訳ですから相続の放棄をした方は亡くなった方の生命保険である死亡保険金も受け取れないとも考えられます。

生命保険が相続財産に含まれるとすると相続放棄をした人は被相続人の生命保険金をもらえないという事になります。

それに対して生命保険が相続財産に含まれないとすると死亡保険金をもらえると考えられます。

普通に考えると「相続財産になるから、もらえないんじゃない」と思いますが、裁判所は「生命保険は相続財産に含まれない」という立場をとっています。

その理由として、「生命保険はその人が亡くなった瞬間に他人にお金を渡す契約が発生するものであるから」としています。

つまり、生命保険金は受取人自身の固有の権利であり、相続財産ではないので相続放棄をした人も受け取ることが出来る事になります。

2、相続放棄をした人が生命保険を受け取れるケース

相続放棄をしても生命保険を受け取れることは理解していただけたと思います。

しかし、これには条件があり常に受け取れるという事ではありません。

生命保険を受け取れるのは受取人が相続人となっているケースです。

大きく分けると契約者が被相続人で被保険者も被相続人。

この場合の被保険者とは保険の保障対象となる人を言います。

そして受取人が相続人となっている場合です。

この様な契約である時は、契約者が保険料を支払い被相続人が亡くなると契約者である相続人が保険金を受け取ることが出来ます。

しかし、契約者が被相続人で被保険者も被相続人。

受取人も被相続人である契約の時があります。

この場合は契約者である被相続人が保険金を支払い自分自身が保険金を受け取れる様になっています。

ですが、保険金が支払われる時には被相続人は亡くなっているので受け取ることが出来ません。

この場合は相続放棄をした方以外の相続人が受け取る事になります。

受取人が被相続人となっている保険金は、被相続人の固有の財産となり相続財産となるからです。

相続放棄をした人は被相続人の相続財産を受け取れないので、生命保険金を受け取れないという事になります。

受取人が相続人であれば相続放棄をした相続人でも生命保険金を受け取ることが出来、受取人が被相続人であれば受け取れないという事になり受取人を誰にするのかがポイントとなるのです。

3、生命保険には税金がかかる事がある

相続放棄をしても生命保険を受け取れる事があるという事になりますが、相続人が受け取った生命保険金は相続財産ではないのに相続税がかかります。

相続財産ではないが相続税がかかる財産を「みなし相続財産」と言います。

しかし、常に相続税がかかる訳ではなく500万円×法定相続人の数と言う一定の非課税枠があります。

この計算式の金額を超えなければ非課税で受け取れる事になります。

そして生命保険以外にも相続放棄をしても受け取れる財産があります。

受取人が指定されている死亡退職金です。

ですが、被相続人が受取人であったり受取人が決められていない死亡退職金は相続財産となり相続放棄をした方は受け取れません。

遺族年金も遺族の方の固有の財産となるので相続放棄をしても受け取れます。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー