相続の口約束

1、相続の口約束は有効か

 兄妹姉妹が遠方で一人だけ実家に戻って両親の顔を見る様にしている子供がいる場合、親御さんからすれば嬉しいものですし、出来るだけ面倒を見てくれた子供に多くの財産を残したいと考えます。

その際に遺言を残していればいいのですが「よく身の回りの世話をしてもらったので、この家と土地はお前にやる」と口約束をしている事があります。

子供さんからしても「親がやると言っているのだから特に遺言などを作成しなくても、もらっても何の問題もないだろう」と考えていたりします。

親御さんが二人とも亡くなって、相続が始まり遺産分割をする際に「俺は親から実家の家と土地をやると言われているから俺がもらうよ」と言った場合に他の兄弟姉妹が納得してくれればいいのですが、「そんな話は聞いていない、証拠があるのか」と言ってきたらどうなるのか。

いわゆる相続の口約束ですが、そもそも他人とのお金の貸し借りならいざ知らず親子間での約束に書類がいるのか、この様なケースでの口約束は有効なのかと言う事になります。

2、口約束だけでは・・

実際問題としては口約束だけでは弱いと言わざるを得ません。

しかし、親御さんの面倒を見てくれた子供に財産をあげたいと言う意思は尊重しなければいけなと言う事になりますので必要なのは本当に財産をあげたいと思っていたという証拠です。

証拠がない時は法定相続人が優先する事になります。

口約束で財産を多くもらえる相続人がいる場合、不利益を受ける他の相続人全員が納得できる証拠を示せないと財産を相続するのは難しいと言えます。

口約束による権利を主張している方が相続人以外である場合は、遺言書などがないとまず財産をもらうことは出来ません。

口約束は遺言にはならないという事になります。

3、確実に財産を残すには

一人の相続人に他の相続人より有利な財産分けをしたいと考えるならやはり遺言書を残しておくべきです。

この場合、他の相続人と後からもめない為にも「公正証書遺言」で作成しておきましょう。

自分で全文を作成する「自筆証書遺言」よりも証拠能力が強いので遺言内容を実現しやすくなります。

また書面がなくても口約束で成立するものに「贈与」があります。

贈与とは「財産をあげます」「もらいます」と言う口約束で成立します。

必ずしも契約書などの書類は必要ないという事になります。

今回のケースでは生前に贈与契約をして贈与者の死亡により効力を生じる「死因贈与」となります。

死因贈与の場合も親御さんの実家の不動産をあげるという発言により意思表示としては有効ですが、証人がいる場合で相続人全員が承認してくれない限りやはり証拠として死因贈与契約書を残しておくべきです。

 

 

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー