相続分なきことの証明書

1、遺産をもらわない

 「相続分なきことの証明書」と言うものがあります。

相続分皆無証明書とも言い、被相続人の生前に十分な贈与や援助を受けたので相続財産はいりませんと証明するものです。

通常は被相続人が亡くなると相続人間での話し合いの結果を遺産分割協議書にまとめる事で不動産の名義変更や預貯金の解約などの手続きを行う事になります。

しかし、遺産が不動産のみであるという場合では相続分なきことの証明書により不動産の名義変更を行う事が出来ます。

不動産を相続人の共有にしておくと後に売却などをする際に全員の承諾が必要となり争いの元になる事があります。

この様な事態を避ける為に不動産を相続する相続人以外に相続分なき事の証明書に署名・捺印をしてもらう事で一人の相続人の名義に出来るという事になります。

遺産分割協議は相続人が集まる必要はないものの、相続財産をどの様に分配するのかの全員の承諾がいるので話し合いがまとまらずに長期化したりそのままになっているというケースもあります。

相続分なきことの証明書は、遺産分割協議を経ることなく不動産の名義変更を行えるというメリットがあります。

2、デメリットも・・

遺産分割協議をしなくても「不動産」の名義変更を行えるという事がメリットですが、それ以外の例えば預貯金をもらいたいという相続人がいる場合はトラブルになる可能性があります。

この様なケースでは遺産分割協議書を作成する方が、もめる心配がありません。

相続分なきことの証明書は、手軽に相続人同士の話し合いをすることなく不動産の名義変更を行える半面のちにもめる事もありえます。

この様な書面に他の相続人の方から署名・捺印を求められても、よく内容が分からないのなら署名・捺印をするべきではありません。

遺産分割協議書を作成する事は話し合いなどを行う事になるので手間がかかりますが、作成後は手続きでもめる心配は少ないと言えるでしょう。

遺産分割協議書より容易に作成できる相続分なきことの証明書は後でもめる可能性が高い、遺産分割協議書は作成する事に時間がかかるが、相続分なきことの証明書よりもめる事はなくなるという事です。

また、「相続分なきことの証明書に署名・捺印したから、もう相続に関係ない」と思っていたら被相続人に負債がある時にはその返済を求められると言う事もあります。

このような事がない様にするには、初めから相続人でなかった事になる相続放棄をする方が安全です。

「借金があるかもしれないから相続財産は全ていらない」と言う方は相続放棄を選ぶべきです。

「どうしたらいいのか判断できない」という場合もあるので、その時は専門家にも相談してみてください。

 

 

 

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー