相続手続きの流れ

1、何度でもある事ではないので・・・

父母が亡くなりいざ相続始まっても、何から手をつけたらいいか分からないと言う事も多いと思います。

しかも、相続放棄など期限があるもの(自己の為に相続が始まった事を知ってから3か月以内)があり、悲しみに暮れている時間もありません。

ここではどの様に手続きを進めていくのかをお話ししていきたいと思います。

2、死亡届の提出

亡くなったことを知った日から7日以内に市役所に死亡届を提出します。役所で詳しく説明してくれますし、葬儀会社でアドバイスを受けたり、代行してくれる所もあります。

3、遺言書の有無の確認

遺言書がないか探します。公正証書遺言(公証人役場で公証人が作成する遺言)は、近くの公証人役場で照会してもらえますので容易です。

問題は自筆証書遺言の場合です。簡単に見つかってしまうと内容を見られてしまう為にみつかりにくい場所にある事が多く、秘密性の高いこの遺言書のデメリットと言えます。

よく見つかる場所として自宅では、仏壇やタンス、引き出しの中、金庫の中などがあります。

自宅以外では信頼できる友人に預けていたり、遺言執行者である相続人の一人に預けているケース。

弁護士や司法書士等の専門家に預けている事もあります。

遺言書が見つからなければ遺産分割協議を行います。

4、相続人調査・確定

被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本を、被相続人の本籍地のある市役所等から取り寄せ相続人が誰であるか確認します。

被相続人が本籍を変更している時はその本籍地の役所から取り寄せる事になります。

特に、被相続人が過去に離婚していたり養子縁組をしている場合は,相続人の方達が知らない相続人がいる事もあります。

慎重に調べる事が大切です。

5、相続財産を調べる

不動産や預貯金等のプラスの財産だけでなく、借金などのマイナス財産も調べます。

預貯金であれば預金通帳を金融機関に持っていき、残高証明書を発行してもらいます。

通帳が見つからなければ、利用していた可能性のある金融機関に口座の有無を確認します。

株式や債券は、証券会社等に評価証明書の発行を依頼します。

不動産は権利証を探します。登記していない不動産の場合は権利証がありませんので、固定資産の納税通知書を探します。

通知書が見つかれば市役所で名寄帳を発行してもらう事で被相続人の所有していた不動産が分かります。

借金を探すのは難しい事も多いですが、契約書やキャッシュカード、督促状等がないか調べます。

マイナスの財産が明らかに多い場合は相続放棄等の手続きを行います。

6、遺産分割

遺産をどのように分けるのか相続人全員で話し合います。法律により各相続人の相続分は決まっているのですが、全員が納得すれば自由に分ける事も出来ます。

協議がまとまれば内容を記した遺産分割協議書を作成し、各相続人が署名し実印を押します。

7、遺産の名義変更手続き

預貯金は銀行やゆうちょ銀行で被相続人の口座を解約する手続きを行い、

不動産なら法務局で被相続人所有の不動産名義変更を行います。

順を追って書いてきましたが、これらは一つ終わったら次と言うのではなく同時に進めていく事をお勧めします。

 

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー