相続放棄と代襲相続

1、これから増えるのでは

 例えば、父親が亡くなりその相続人が配偶者である妻と子供である場合で、子供が父親より先に亡くなっていた時は亡くなった人から見ての孫が相続人となります。

この様に個人の孫などが相続人となる事を「代襲相続」と言います。

孫も亡くなっていればひ孫、玄孫(やしゃご)と下がっていき一番下の子孫が相続人となります。

兄弟姉妹が相続人となる場合は、この様に何代も下に下がっていく事はなく被相続人から見ての甥・姪までです。

つまり一代だけで止まる事になり甥・姪の子供に代襲相続は起きないことになります。

以前は兄弟姉妹にも何代もの代襲相続が認められていましたが、被相続人から見ての甥・姪の子供は血のつながりが薄いためにこのような制度に変更されています。

この様に本来の相続人が既に死亡している場合以外にも、相続人が廃除されていたり相続欠格になる場合にも代襲相続が発生します。

廃除とは相続人から虐待を受けていたり、重大な侮辱を受けていた場合。

その他の著しい非行があった場合に被相続人が家庭裁判所に請求して相続人の地位を奪う事を言います。

相続欠格とは、相続人が被相続人の生命を侵害する様な行為をしたり、脅迫して自分が有利になるような遺言書を作成させたり修正させたりした時に法定相続人としての権利をはく奪される事です。

2、相続放棄をしていたら

ここまででも何やら難しい話ですが、相続人が相続放棄をしたらどうなるのかと言う事になります。

先ほどのケースのように父親が亡くなった場合に相続人は妻と子供の二人であるとします。

しかし、借金が多い為に子供が相続放棄を選択した場合に被相続人から見て孫が相続人になるようにも思えます。

しかし、この場合では孫が相続人となる事はありません。

代襲相続は起きないという事になります。

「本来の相続人が被相続人より先に亡くなっていたら代襲相続が起きるのに、相続放棄したらなぜ起きないの」と思います。

これは相続放棄をすると、その人は初めから相続人でなかった事になるからです。

最初から相続人ではなかったのですから元々相続する権利がないという事になり、そのひ孫や玄孫も相続人とはならないという事です。

「じゃあ相続する権利は誰が引き継ぐの、配偶者である妻だけになるの」とも考えられます。

この場合は次の相続順位である被相続人の父母や祖父母・兄弟姉妹に移る事になります。

相続放棄をするという事は亡くなった人に借金があるケースが多いでしょうから次の相続人も放棄をすることが多いと思われます。

相続放棄には原則として自己のために相続があった事を知ってから3か月以内と言う期間があるので、次の方にも早めに放棄をしたことを教えてあげる事が親切だと思います。

相続人全員が相続放棄をして最終的に相続人が誰もいなくなったら相続財産は相続財産法人となり、債権者などの利害関係者などの申し立てがあれば家庭裁判所から選任された相続財産管理人が管理・清算します。

これにより債権者などに残されたプラスの財産からの借金の返済が行われます。

返済してもなおプラスの財産があれば国庫に帰属する事になります。

勘違いしている方が時々いるのですが「一度相続放棄したらそれ以後の相続にはすべて参加できない」と思っている方がいます。

しかし、そのような事はなく父親の相続で放棄をした後に祖父の相続が発生したら相続人となります。

相続放棄をするには別に手続きを行う必要があります。

 

 

 

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー