相続放棄

 親が亡くなり多額の借金がある事が分かった。この様な場合、相続放棄をする事が出来ます。

放棄すると初めから相続人でなかった事になり、借金などの負債を引き継ぐ必要は無くなります。

ただしプラスの財産も引き継げなくなり、一度放棄すると原則として撤回は認められません。

他の相続人の方ともよく相談して決める事になります。

放棄の方法ですが、自己の為に相続が開始した事を知った時から3か月以内に、被相続人の最後の住所地の家庭裁判所に行います。

相続が開始した事を知った時ですから、被相続人が亡くなっていてもそれを知った時からカウントします。

3か月と言う期間も「財産を把握できない」等の理由があれば、伸長出来ます。

放棄する方の戸籍謄本や被相続人の住民票除票又は戸籍の付票等を提出する必要があり、これらを集めるのに意外と時間がかかるので早めに取りかかりましょう。

又、相続人が財産を使い込んだり、放棄した後であっても財産の一部を隠匿したり、悪意で財産目録に記載しない等の時は、単純承認(プラスの財産もマイナスの財産もすべて相続する事)したものとみなされ放棄が認められません。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー