秘密証書遺言

1、秘密証書遺言とは

 秘密証書遺言とは、遺言者の生前は遺言内容を秘密にしておきたいが、存在は明らかにしておきたい時に選択される遺言です。

作成した遺言書を公証人と証人に秘密証書遺言である事を確認してもらう必要があります。

提出する際には封をした状態なので、公証人や証人も見る事は出来ず内容を完全に秘密にする事が出来ます。

相続開始後家庭裁判所の検認(遺言の存在を裁判所が明らかにする事)前に遺言を開封すると無効となります。

内容を秘密にする事で、遺言者の意に反するトラブルを避けることが出来ます。

遺言内容を誰にも知られずに確実に実行する為の遺言ですが、自筆証書遺言や公正証書遺言に比べると年間利用者数は多くありません。

2、秘密証書遺言のデメリット

年間利用者数が少ない理由として、自分で作成した秘密証書遺言を公証人と証人に確認してもらわなければならず、証人2人を集める必要もあります。

当然ながらそのための費用がかかります。

自筆証書遺言は家庭裁判所で検認を受ける必要がありますが、自分で作成するので費用自体は、あまりかかりません。

公正証書遺言は費用はかかりますが、検認を受ける必要がなく相続人の方の負担を減らせる遺言です。

しかし、秘密証書遺言は自分で作成して公証人等に確認してもらう費用がかかり検認も必要である為に相続人にも負担がかかる。

自筆証書遺言と公正証書遺言のデメリットを併せ持っている形になります。

3、秘密証書遺言のメリット

秘密証書遺言は自分で作成しなければいけませんが、自筆証書遺言と違い自書する必要はなく代筆も可能です。

パソコン・ワープロで作成する事も出来ます。

しかし、一定の方式に従い作成しなければ無効となる事もあるので、全文・日付・氏名を自分で書き、これに実印で印をして自筆証書遺言の要件を満たすように作成した方が良いでしょう。

秘密証書遺言としては無効でも、自筆証書遺言として有効になる事もあります。

又、作成手続きに証人が参加する為に、相続人が遺言の存在を知らずに相続が開始しても遺言がある事を知らせてくれるケースもあります。

その為に、自筆証書遺言の様に発見されないまま相続手続きが進んでいく可能性は低いと言えます。

4、作成方式

作成は次のように行われます。

・遺言者が遺言書に署名し印を押す。

・遺言者が遺言書を封じ、遺言書に用いたのと同じ印で封印する。

・遺言者が自分の遺言書である事と住所・氏名を申述(申し述べる事)します。ただし、代筆である場合は筆者の氏名・住所も申述します。

・公証人が遺言書を提出した日付及び遺言者の申述を封紙に記載した後、遺言者が証人と共にこれに署名して印を押す。

 

 

 

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー