空き家の放置

1、よく見かけます

近年は空き家が増えてきており、歩いていてもかなりの数になる事が容易に分かるほど多くの空き家を見かけます。

父母が亡くなり住んでいた自宅と土地である不動産が残ったが名義を変更せずに何年もそのままにしているという方も多いと思います。

「このままにしておいてもいいものか、名義を変えるなり何らかの手続きをしておいた方がいいのではないか」と思いながらも、誰に相談すればいいのかもよく分からないと言う事もあります。

放置していても税金を支払えば役所などは特に何も言わないので、「まあいいか、何とかなるだろう」でそのままにして時間が過ぎている。

地方だと子供が東京などに出ていき両親だけが残り、子供が返ってこないとそのまま空き家になるというケースも多いでしょう。

かといって思い入れのある家を売り払ったり解体する事に抵抗があるのでそのままになっている「どうしたものか」という話も聞きます。

2、空き家にするデメリット

「人が住まなくなると家は傷みやすくなる」と言います。

ご存知の方も多いと思いますが、原因は湿気がこもってしまうからと言われています。

人が住んでいれば掃除の際の窓の開け閉めなどで換気をします。

この為に湿気がこもるという事はありませんが、空き家となり締め切った状態が長時間続く事になると木材部分などを腐らせる菌が繁殖しやすくなります。

これにより建物の老朽化が進むことになります。

また、空き家の周囲に住んでいる方は建物が倒壊してきたり、放置してあるものが散らかったり強風にあおられて別の建物に被害を及ぼす事も考えられます。

この様な場合、建物の所有者は民法により損害賠償責任を負います。

ここまでの状態にならなくても庭の木が手入れをされずにそのままとなり、雑草などが繁殖してネズミや害虫などが増えて近隣の方に迷惑をかける事もあります。

空き家が放火や不審火の対象となる事がない様に、所有者が日ごろから管理をする事になります。

3、どうすればよいか

では、空き家を相続したらどうしたらいいのかと言う事になります。

一番いいのは売却する事ですが、「それが出来れば苦労しないよ、田舎の不動産なので売るなんてとても無理」と言う方もいると思います。

それなら空き家もままで管理するという方法もあります

この場合は定期的に室内の空気の入れ替えや庭の手入れを行う事になります。

いずれは自分が住んだり人に貸したりする事もあるかもしれないという時の選択肢と言えます。

出来れば誰かが住むというのが一番いい方法です。

親族などと話し合い誰かがそこに住むという事が出来ないか、一度話し合ってみるといいのではないでしょうか。

いずれにしても放置する事は問題を先送りにしているだけで、いずれ誰かが何らかの処置を行う事になります。

相続人が増え身動きが取れなくなる前に早めの対策をしておきましょう。

 

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー