胎児は相続人となるか

1、胎児は相続人か

 相続が始まったら遺産分割協議を行います。

その際に相続人の中にまだ生まれていない胎児が含まれるのかと言う問題があります。

例えば、父親が亡くなり相続人が母親と胎児である場合です。

もし、まだ生まれていないからと言う事で相続人でない事になるのなら第二順位である被相続人の父母・祖父母が相続人となるのか。

胎児が相続人となる場合でも遺産分割協議には誰が代わりに参加するのかと言う事になります。

そもそも法律は今現在この世に存在する人を対象にしています。

義務や権利の主体となりえる資格を「権利能力」と言い、この権利能力は「出生」によって始まるのが原則です。

「そりゃそうでしょ」と思いますが、原則があるという事は例外があるという事になります。

民法886条では、「胎児は、相続についてはすでに生まれたものとみなす。前項の規定は胎児が死体で生まれた時は、これを適用しない」としています。

これにより胎児も相続人となるという事になりますが、死産である場合は相続人としての適用は認められません。

遺産分割を行う場合は、胎児が生まれて来てから行う方が良いという事になります。

2、特別代理人

では、遺産分割協議の際に誰が胎児の代わりをするのかと言う事になります。

通常は未成年者が法律上の判断をする場合は、親権者が法定代理人となります。

しかし、父親が亡くなり母親と胎児が相続人である場合は、母親と胎児は共同相続人であり利害関係が対立する場合がある事にもなります。

この様な時には家庭裁判所に「特別代理人」を選任してもらいます。

この特別代理人が遺産分割協議に参加して話し合いを進めていく事になります。

誰が特別代理人となるのがふさわしいのかと言う事も考える事になります。

当然、利害関係のない第三者がいいのではないか、「それなら親戚に頼もう」と言う場合もあるかもしれません。

この場合も相続権のない親戚を選ぶ事が大切です。

そしてある程度の相続に関してや法律に関しての知識を持っている方を選ぶ方が望ましいです。

3、代襲相続・相続放棄

胎児は代襲相続人となれるのかと考える方もいると思います。

代襲相続人とは、相続人となるはずの子供や兄弟姉妹が被相続人より先に死亡した場合にその者に代わって相続人となる人の事を言います。

被相続人の子供が相続の開始以前に死亡している場合はその子供が相続人となります。

胎児の場合も相続に関してはすでに生まれたものとみなされるので子供と同様に代襲相続が認められます。

被相続人に借金がある場合に胎児が相続放棄をすることも出来ます。

相続放棄の手続きは、相続が開始してから3か月以内に行う事が原則です。

胎児の場合は出生してから3か月を数える事になります。

母親も胎児も相続放棄をするときは母親が法定代理人となり相続放棄をする事になります。

母親は相続するが胎児は相続放棄をするという時は、利益相反となるので母親が手続きを行うことは出来ず特別代理人を選任する事になります。

 

 

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー