血液型

 日本では血液型と言えば血液型診断などの占いの傾向が強いが、他の国ではその人がかかりやすい病気の危険が研究されている。

そもそも外国は血液型に偏りがあり、血液型による占いが成り立たない事が多い。

日本の様に均等に全ての血液型が存在する国は珍しいのだろう。

そして大規模な調査により血液型と性格は、関係ない事が証明されているそうだ。

なりやすい病気は、A型が胃がんのリスクが、かかりにくいO型より1.2倍高く、B型は膵臓がんのリスクが最も低いO型より約1.7倍高い。

AB型は脳卒中リスクが最も低いO型より1.83倍高い。O型は胃潰瘍リスクが最も低いA型と比べ1.15倍高い。

体の中から細菌を追い出す血液中の抗体が異なる事から、この様な結果になるらしい。

しかし、これを見ると一番高い場合でもAB型の1.83倍でそんなに気にする必要があるのかとも思う。

当然だが日々の生活習慣が病気のリスクを左右するのだから、過度に恐れずに健康に気を使っていけばいいのではないだろうか。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー