親の介護をした相続人

1、親の介護をしたら遺産を多くもらえる?

 他の兄弟姉妹が遠方であったり仕事で忙しかったり非協力的で親の介護を相続人の一人が行っている場合があります。

介護をしている相続人からすれば「ほかの相続人は何もしていないのだから自分が相続財産を多くもらえて当然」と考えるでしょうし、介護をしてもらっている親からしても面倒を見てくれている相続人に少しでも多く財産をあげたいと思います。

ですが原則的には、被相続人に対しての貢献度は遺産相続では考慮されません。

何もしなければ介護をした相続人も何もしなかった相続人も法定相続分に沿って均等に遺産を分ける事になります。

法律的に被相続人の財産を相続できる人を「法定相続人」といい、この法定相続人が「法定相続分」の財産を受け取る事になります。

法定相続人になりえるのは、被相続人の配偶者、子供・孫、被相続人の父母・祖父母、兄妹姉妹です。

法律上の配偶者や血族に限られ内縁の配偶者や認知されていない子供は法定相続人に含まれません。

配偶者と子供が相続人である場合は配偶者の法定相続分が2分の1、子供の法定相続分も2分の1です。

この2分の1を子供の人数で分ける事になります。

法定相続分通りだと介護をしてもしなくても同じ割合になるという事です。

2、遺言書を残す

これまで述べてきた様に何もしなければ法定相続分通りに分ける可能性が高いという事になります。

では、介護をしてくれた相続人に多く遺産を残すにはどうするのかと言う事になります。

この様に財産の分割方法の希望がある場合は、遺言書を残しておく事が大切だと思います。

被相続人が口頭で述べることも出来ますが、後から「言った言わない」でトラブルになる事もあり得ます。

介護をしてくれた相続人がどれだけ献身的に身の回りの世話をしてくれたのか、そのことへの感謝の思いを遺言書にして残すのです。

相続人の方たちへ一番影響力があるのは被相続人です。

どんなに献身的に介護をしていても、そのことを直接見ていない相続人には分かりません。

介護をした相続人が「自分はこんなに貢献した」というより、介護をしてもらった被相続人が遺言書でそのことを記載する方がはるかに相続人に対しての信ぴょう性があります。

相続人は出来るだけ被相続人の望み通りにしてあげたいと考えているものです。

遺言書を残すことが介護をしてくれた相続人をトラブルに巻き込まずに済む方法です。

遺言書には、原則として全文を自書する「自筆証書遺言」、公証人役場で作成する「公正証書遺言」、遺言内容を秘密にして存在のみを証明してもらう「秘密証書遺言」があります

トラブルになる可能性があるのなら公正証書遺言にする事をお勧めしたいと思います。

原本が公証人役場で保管されるので紛失したり改ざんされる心配がなく、公証人役場が関与するので信頼性が高く遺言内容を実現しやすいと言えます。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー