車の相続

 登録してある車(普通車)は土地や資産と同じく財産となります。

車の所有者が亡くなると相続人全員の共有(一つのものを二人以上が共同で持つこと)財産となります。

名義変更には、相続に関する書類が必要となります。

ちなみに亡くなった方の名義のまま家族の方が車に乗り続けると車を売却するときや車両の抹消・解体を行う時に、さかのぼって書類を取り寄せることになり後で困る状況になります。

手間がかかり大変ですが、放置せずに手続きをしておきましょう。

まずは車の車検証で名義を確認します。

車検証は車を運転する際には常に携帯することが法律で義務付けられています。

車のサイドポケットやトランクなどに入れているはずです。

名義が亡くなった方のものであり相続人が所有者になる場合は、遺産分割協議を行い新しい所有者を決めることが多いと思います。

この場合の必要書類として

・遺産分割協議書(相続人全員が実印を押したもの)

・戸籍謄本(死亡の事実を確認できるもの及び相続人全員を確認できるもの)

・代表相続人の印鑑証明書(発効後3か月以内のもの)

・車庫証明(代表相続人がそのまま乗る場合)

・代表相続人の譲渡証明書(売却したり第三者に名義変更する場合)

・代表相続人の委任状(本人が直接申請する場合は実印を持参)

遺産分割をして書類を集めるだけでも一苦労ですが、死亡が確認できる書類として戸籍謄本や除籍謄本。

相続人全員が確認できる書類として戸籍謄本または全部事項証明書、改正原戸籍、戸籍の附票等があります、

改製原戸籍とは戸籍法が改正されると新しい戸籍に書き換えが行われるのですが、この書き換える前の戸籍の事です。

戸籍の附票は戸籍を作ってから現在までの住所が記載されているものです。

このあたりは亡くなった方の本籍のある市役所にも聞いてみてください。

遺産分割協議書には相続人全員の実印による押印が必要ですが、印鑑証明が必要になるのは代表相続人のみです。

また戸籍謄本と遺産分割協議書の相続人の住所が違うという事がたまにあります。

ほかの相続財産なら同じ人物と証明するために住民票や戸籍謄本を集める事になります。

しかし、車の相続の場合は省略できることも多いです。

ここまで述べてきた様に車の相続は、ほかの相続財産よりは必要書類が少ないです。

相続は何度もある事ではないので少ないと言われても大変ですし、手続きを行う陸運支局の対応がネットで調べたのと違うという事もあります。

専門の方にも相談してみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー