遺産分割の方法

 遺産分割には次の5つの方法があります

1、現物分割

誰がどの財産をもらうのか決める方法です。

「土地建物などの不動産は長男が相続する」「被相続人が経営していた会社は次男が相続する」等財産の現状を変えたくない場合に有効な方法です。

相続財産が複数あり、その価値の差異が小さい時にはメリットがあります。一番一般的で分かりやすいやり方です。

デメリットとしては相続分通りに分割できない為に公平性にかけ、もめる原因になる点が挙げられます。

2、代償分割

一人(又は数人)の相続人が法律で決められた相続分(法定相続分)を超える財産を受け取る代わりに他の相続人に金銭(代償金)を支払う方法です。

相続財産が自宅などの不動産のみで相続人の一人が住んでいる時や、農地や今現在も経営している被相続人の会社を相続する時に有効です。

換金するのに時間がかかる事や、財産を相続した人は資力が必要になる事もあります。

3、代物分割

ある相続人が法定相続分以上の財産を取得する代わりに、他の相続人に代わりの物を渡す方法です。

4、換価分割

相続財産を売却してその代金を分割する方法です。

財産が不動産等の分けにくいものである場合や相続財産の中に相続人全員が相続したくない財産がある時に行います。

財産を公平に分ける事が出来るのでトラブルになりにくい点がメリットです。

デメリットとして、相続人の一人が売却予定の不動産に住んでいる場合には反対する可能性がある事や処分の手間がかかる事。

思ったほどの売却益が手に入るとは限らない事や他人に貸している土地や自宅は簡単に売却できない事があります。

5、共有分割

相続財産の一部または全部を複数の相続人が共同で所有する方法です。

相続の際に不動産などの分けにくい財産の遺産分割協議がまとまらず、他の分割法も出来ない場合に行います。

一見公平の様ですが、不動産を売却したり処分する際に共有している全員の同意が必要となります。

その為に、その子供さんや孫の代になり共有者が増えた時には処分に反対する人がいたり、遠方に住む様になった場合は、なかなか連絡がつかずに処分に時間も手間もかかると言う事も考えられます。

建物の管理費や賃料はどのように分けるのかでトラブルになる事もあり、裁判にまで発展してしまう事もあります。

当事者が共有にする事を望んでいる等でもない限り、遺産分割を早期に解決する為には共有にする事は避けるべきでしょう。

又、これらの分割方法を組み合わせる事も可能です。

 

 

 

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー