遺産分割の際にしてはいけない事

1、遺産分割の際の注意点

 被相続人が亡くなり相続が始まると遺言書がなければ相続人を確定する事になります。

次に行うのが相続財産を確定する事で、どの財産をどの相続人が相続するのかの話し合いがまとまれば遺産分割協議書を作成します。

遺産分割協議書の作成の期限がある訳ではありませんが、相続人同士が話し合って決めたことを書面にして残しておくことは大変重要です。

そして遺産分割協議を行う場合に「これではもめても仕方がない」と思われるケースもあります。

殆どの場合が他の相続人との話し合い不足が原因になる事が多いです。

せっかくうまくいくはずだった相続がコミュニケーションの取り方一つで「争続」になってしまいます。

遺産分割協議でよくもめるケースを見ていきたいと思います。

2、なんの連絡もなしに

なんの連絡もなしに突然遺産分割協議書を送ってくる方がいらっしゃいます。

実印が必要な書類を遺産分割協議を行う前に送付してくるのです。

送付してくる側にも言い分があって、「法定相続分で均等に分けるのだから問題ないでしょう」「相続人同士が遠方で気を利かせたつもり」「遺産自体が少ないのだからわざわざ話し合う必要はない」など様々な理由があります。

しかし、話し合いもなしにいきなり書類を送られてきた相続人は「なぜ勝手に決めているのか、他の相続人に分からない様に財産を隠しているのではないか」と勘繰る事になるかもしれません。

実際この様なケースは案外多く、それが元で話し合いがまとまらないという事もあります。

書類を送る前に相続人に連絡を取っておくと言う当然の事をするだけです。

普段から相続人同士のコミュニケーションをしっかりとっておく事が大切です。

3、相続人同士が疎遠

よくもめるケースとしてあるのが被相続人に子供がおらず父母・祖父母や兄妹姉妹も亡くなっており相続人が亡くなった方の配偶者と被相続人の甥・姪と言う場合です。

この場合に問題になるのが甥・姪が被相続人とあった事もないと言う時です。

被相続人の配偶者からしてみれば「会った事もない人が何で相続人なの」と考えて相続放棄を迫る事があります。

しかし、この場合の甥・姪はれっきとした相続人でありその権利を奪う事は許されません。

どうしても納得できないという方は専門家に相談をしてみる事をお勧めします。

4、まとめ

私がこれまで見てきた相続のトラブルとして多いものは、相手の立場になって物事を考える事が出来ていない場合と話し合いをしてない所からくる共感力不足です。

「この書類を、もしなんの連絡もなしに自分が送られたらどう思うだろうか」と送られる相手の事を考えることです。

「自分だったらどういう風に接してもらいたいか」と言う想像をする事で相手の事を思いやる事が出来るのではないでしょうか。

 

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー