遺言と異なる遺産分割

 遺言書は相続人間の争いを防ぐ為に作成する物ですが、遺産分割内容に納得できないと言う事もあるかと思います。

この場合、相続人全員の同意により遺言とは異なる遺産分割をする事も出来ます。

ただし、被相続人が遺言と異なる遺産分割を禁止している時や遺言執行者(遺言の内容を実現する為に必要な事務を行う者)が選任されており執行者の同意がない時は問題があります。

遺産分割を禁止している時は、いったん遺言通りに財産を分け、相続人間で新たな契約として財産の移転を行う事になります。

執行者がいる場合は、相続人全員の同意で分割を行った時には執行者は同意を与える事が出来るとされています。

相続人全員が遺言がある事を知らずになされた遺産分割は、遺言の存在を知っていたらこの様な内容には同意しなかったと考えられる場合は、意志決定の重要な部分に誤りがある(要素の錯誤と言います)として無効となります。

相続人の一人が知らなかった場合でも同様です。

ただし、遺言の内容が遺産分割協議に影響しない時は、遺産分割協議は有効となります。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー