離婚でお悩みの方へ

 今や結婚した3分の1の方が離婚する時代となりました。

離婚をしていると聞いても特に何とも思わないと言うか、普通に周りにいらっしゃいます。

結婚する時の何倍もの時間とエネルギーを必要とするとよく聞きますが、子供の養育費や、財産分与、親権者の指定、子供に会う約束など多くの事を決めないといけないからで、子供さんやご自分の将来の為にも慎重に行う必要があります。

そしてこの様な約束事は、公正証書にしておく事が大切です。

離婚後は曖昧になっていき約束通り行われない場合が珍しくないからです。

子供の養育費を払う約束だったのに支払われず、元配偶者の給料が振り込まれた日に全額引き出されていると言うケースもありました。

実際に養育費を定期的に支払っている方は20%ほどです。

しかし、公正証書にしておけば口座を差し押さえる事が出来るので、この様な事はありません。

又、「離婚後でも公正証書を作れますか」と言う質問を受けるのですが、作る事は出来ますが、元配偶者の協力が必要なので離婚前に作っておく方がいいです。

離婚公正証書は夫婦で任意に作成する物なので、別居後に時間を決めて話し合ったり、公証人役場まで2人で行くのは難しくなるからです。

公正証書は裁判に勝ったのと同じ効果があります。裁判を起こす事を考えると、格段に少ない費用で同じ結果を得られるのです。

支払いが滞ってしまい泣き寝入りする事が無い様に、公正証書を作成しておきましょう。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー