風習、伝統行事

1、七草がゆ

お正月行事の締めとして1月7日に「七草がゆ」を食べる習慣が日本にはあります。

「春の七草」と言われる具材を入れたおかゆの事で、おせち料理やお正月のごちそうで疲れた胃を休める為に七草がゆを食べることで1年の無病息災を祈念します。

芹(せり)は競争に競り勝つ、薺(なずな)は撫でて汚れを取り除く、御形(ごぎょう)は仏の体を表す、繁縷(はこべら)は茎に葉がたくさんつく所から繁栄、仏の座は仏の安座、菘(すずな)は仏を呼ぶための鈴、蘿蔔(すずしろ)はけがれのない清白を表しています。

なぜ七草がゆが食べられるようになったのかと言う事ですが、「五節句」の一つ「人日の節句(七草の節句)」から来ています。

一月七日が人日の節句、三月三日が「上巳/桃の節句」、五月五日が「端午/菖蒲の節句」、七月七日が「七夕/七夕まつり」、九月九日が「重陽/菊の節句」となります。

中国では元日から六日まで動物をあてはめた占いが行われていました。

一月一日は鶏を占い二日は犬、三日は羊、四日は猪(または豚)、五日は牛、六日は馬そして七日に人を占いました。

このそれぞれの日に当たる動物はその日は殺さない様にしました。

その為に七日は人を殺さない処罰しない日とされました。

この人日の節句が平安時代に日本にも伝わり、中国で無病息災を願って七種類の野菜が入った吸い物を食べる習慣と日本の年の初めに若菜を摘んでいただく「若菜摘み」の風習が相まって七草がゆになったとされています。

この風習が江戸時代に庶民にも広がり現在に至っています。

2、どんど焼き

お正月に使った門松やしめ縄、書初めなどのお正月飾りをどうするのかで悩む方もいるのではないでしょうか。

ゴミに出すのもなんだかよくない事みたいだし、このまま取っておくのもどうかと思います。

この様な場合「どんど焼き」に持ってくと言う方法もあります。

門松などのお正月飾りを火にくべて天から降りてきた「年神様」は、どんど焼きの煙に乗って天に帰るとされる日本の伝統行事です。

神社などが小正月の一月十四日か十五日に行っている事が多いですが、地方によっては町内会で田んぼに櫓を組んで行う所もあるようです。

ちなみにお守りなどはいただいた神社にお返しするのが一般的で、自分で燃やしてしまうのは厳禁とされています。

どんど焼きは神様を天にお返しする行事であるので、お守りを一緒にくべてもいい所が多いです。

「なぜどんど焼きというの」と思いますが、火を燃やした時に「尊(とうと尊(とうと)」とはやし立てたのがなまったという説や、どんどん燃える所からともされています。

由来ですが平安時代の「左毬杖(さぎちょう)」からきているとされます。

平安時代の貴族は「毬杖(ぎっちょう)」と言う木でできた杖で毬を打ち合う遊びをしていました。

今で言うホッケーの様なものでしょうか。

この杖を青竹を使い三つにまとめ、その上に扇子や短冊、天皇の書を結び陰陽師が歌いながら燃やすことを三毬杖と言いました。

これが庶民にも広がったのがどんど焼きとされています。

子供の頃は「なぜ買ったものを燃やすのだろう、もったいない」と思っていましたが、神様を天にお送りする行事だったという事です。

最近は子供の数が減りどんど焼きを行う所も減ってきている様ですが、このような伝統行事は大切にしていきたいものです。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー