信託銀行・弁護士・司法書士との違い

1、信託銀行(遺言信託)とは・・・

信託銀行の行うサービスに遺言信託というものがあります。

簡単に言えば、遺言書作成のサポートや遺産分割、不動産の名義変更、遺言書の保管を行ってくれるものです。相続に関する様々な相談ができますが、行政書士等と比べ費用が高額です。

戸籍の収集も別途費用がかかるので、かなりのお金持ちのための制度と言えると思います。遺言信託は弁護士等の専門家も行えます。信託銀行ほど高額ではないので、ぜひ相談してみてください。

 

2、弁護士と行政書士の違い

弁護士さんは、法律家の中でもテレビ等によく出ているので、見たことがあると言う方も多いと思います。

相続の際に争った時等は他の相続人と話し合い解決できなければ、調停、審判、裁判を行います。

つまりトラブルを解決する専門家で法律に関する業務をオールマイティに行えます。行政書士との違いですが、例えば相続で争ったら弁護士さんに、そうでなければ行政書士の所に相談するのがいいかと思います。

弁護士さん、行政書士どちらも出来る事であれば、行政書士の方が費用を抑えられる事が多いからです。何事においてもそうですがまず争わないことが大切だと言えます。

 

3、司法書士と行政書士の違い

司法書士さんは、相続の際の亡くなった方から相続された方への不動産の名義変更(相続登記と言います)や、会社設立の登記、供託(法務局にお金などを預け払った事にしてもらう制度)を行います。

行政書士との違いですが、司法書士さんの書類の作成、提出先は法務局や裁判所が主で、行政書士は国の機関や県庁、市役所等の行政機関が主な提出先になります。

簡単に言えば登記に関する事は司法書士さんに、許認可等に関する事は行政書士に相談する事になります。

費用感の違いは事務所によって違うので一概に言えないのですが、弁護士さんほどの違いはないかと思います。出来ればどちらの事務所にも行って見積を出してもらうのがいいのではないでしょうか。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー