遺産分割協議書の作成

1、なぜ遺産分割協議書を作成するのか・・・

遺産分割協議書とは亡くなった方の預貯金等の財産を相続人の方達がどのように分けるのか記載したものです。

遺言書がある場合や法律に従って分けるのでなければ、預貯金を卸す時や法務局で不動産の名義を変える時にも必要になります。

後のトラブルを防ぐ為にも作成しておく物です。作成までの流れですが、まず亡くなった方の相続人確定の為、出生から死亡までの登記簿謄本、相続人の方達の現在の戸籍を取り寄せます。そして財産を調べます。預貯金なら銀行の残高証明書、不動産は市区町村の役所で固定資産証明書や法務局で不動産登記簿謄本を取り寄せます。

そして遺言を作成したかどうか分からないのであれば、公証人役場に遺言書が保管されていないか問い合わせてみます。

なければ遺産分割協議書を作成しますが、作成には全ての相続人の参加が必要です。一人でも欠けると無効になるので、もし相続人の中に居場所が分からない方がいる時は探す必要があります。

そして財産を分ける為の話し合いですが、遠方の方がいるときは、電話や手紙でもよいのですが、一般的には、実際に集まって話をしてその話し合い内容を遺産分割協議書として作成します。この場合もめる心配等があれば音声を録音したり、書類に記載しておいてもいいかもしれません。

 

2、スムーズに相続を進めるためには・・・

遺産分割協議書の書き方に決まった様式はないのですが、コピーをする事を考えてA4かB5の書類にする等した方がよいでしょうし、訂正するには決まった訂正方法で行わないと無効になります。

ネットでひな形を調べて作成したら、金融機関は「こういう風に書いてください」と言う事はあまりないのですが、法務局で書き直すように言われたと言う事もある様です。作成する時は法務局の作成様式があったりするので、よく相談をした方が何度も足を運ばずに済むのではないかと思います。

相続の手続きは大変な作業です。「行ってみたけどよく分からない、時間がかかりそうだ」という時は、行政書士等の専門家に相談してみてください。適切なアドバイスをしてくれるはずです。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー