遺産整理業務を行政書士に依頼するメリット

1、遺産整理業務って何?

遺産整理業務とは、相続の様々な手続き(戸籍の収集や、遺産分割協議書作成等)を代行して行うサービスです。

相続人の人数が多い時や疎遠であったり遠方にいたり、専門家に入ってもらって他の相続人ともめずに遺産分割を行いたい時等に相談してみるといいと思います。

信託銀行や行政書士等の様々な専門家が行っていますが、信託銀行は最低100万円からと中々の高額な上に不動産の名義変更や相続税に関する手続きには別途費用が掛かりますので、専門家に依頼した方が一般的に安いと言えます(相続財産の金額や事務所により異なりますので一概に言えませんが30万円前後ぐらいからが多いです)

 

2、なぜ遺産整理業務を依頼するのがいいのか・・・

まず相続の手続きに時間がかかると相続人の一人が亡くなり次の相続が始まる可能性があります。

そうなると相続人が増え、遺産分割の手続きが複雑になっていきます。

又相続財産に不動産がある時は名義変更をしておかないと売却できない上に次の代の相続人の方達に迷惑をかける事にもなります。

相続税を申告する時は相続の開始を知った時から10か月以内の申告期限があり、どのように財産を分けるか決まっていなくても相続税を申告しなければ、罰金を払うことになります。

この様に相続手続きが遅れることで様々なデメリットがあります。

 

3、行政書士に頼むと何がいいの?

まず信託銀行やその他の専門家の方より少ない費用で依頼を受けることができます。

そして不動産の名義変更や、相続税の申告等も司法書士さんや税理士さんと連携していますのでご紹介いたしますし、相続人の方がご自分で名義変更や申告を行えばその分の費用を抑える事も出来ます。

必ずしも専門家に丸投げする必要はないと思います。遺産整理を行う行政書士は死後事務(遺品整理、公共料金の解約、親族への連絡、役所への死亡届提出)を行っていない所もあるのですが、当事務所は一括して行っておりますので、まずはご相談ください。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー