株式・株券の名義変更(相続手続き)

1、相続における株式・株券

まず株式ですが、事業を興す時等に企業や投資家から集めたお金に対して発行する証書です。

株券は株式会社の株主の地位や権利を表す有価証券(手形、小切手等)です。大まかには同じものと考えていいと思います。

相続手続きについてですが、どの株式がどこにどの程度あるかを調べます。株券の種類が上場の株式か非上場の株式かで変わります。上場の株式は信託銀行や証券会社等、金融商品取引をしている所に取引残高報告書を請求します。この報告書には亡くなった方がどの会社からの株を持っているのか記載されています。

相続人全員で請求する必要はなく一人でできますが、信託銀行等も日常的に行う業務ではないのでよく確認しながら行ってください。非上場の株式は金融商品取引業者が管理するのではないので、株券発行会社に直接問い合わせします。

 

2、相続における手続き

相続が始まっても現金、預貯金等と違って株式、株券は相続人同士の共有になります。

つまり遺産分割協議をしないと分けられない事になります。そして取得した相続人が名義変更をしてから売却する等します。

名義変更には遺産分割協議書はもちろん相続人全員と被相続人の出生から亡くなるまでの戸籍謄本や相続の為の株式名義書換請求書等多くの書類が必要になります。

複数の相続人で分割すると、売却するまでの手続きが複雑で中々大変なので、株価の変動で売却額が相続人によって違ってくる可能性があります。

代表の相続人の方一人が売却する等して分配する方法もありますが、その際にも代表相続人の方の株式口座開設等が必要です。株式の銘柄や預けている先によっても手続きが違ってきます。株式・株券の名義変更、解約手続きには時間がかかり馴染みがないと大変かもしれません。

戸籍収集や、口座を開設してなければその手続きに数か月かかることもあります。証券会社などは親切に教えてくれるので、相続人の方達で協力して進めるか、難しければ専門家に相談してみてもいいかもしれません。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー