後遺症の等級認定の重要性

1、治療に専念する為にも・・・

交通事故等のケガで入院をして後遺症が残る方が少しでも納得できる様に等級障害の認定を受けておくことが重要になります。

認定されると何級であっても後遺障害慰謝料(通常の入院・通院とは別に支払われる慰謝料)、後遺障害逸失利益(交通事故による後遺障害がなければ得られたであろう収入等の利益)を請求でき、損害賠償額を増やせる可能性があります。

認定されるにしてもどの等級に認定されるかでその後の賠償額が大きく変わり、認定されなければ賠償額が大幅に下がる事になります。

これから先の様々な出費に備え、治療に専念する為にも後遺障害の等級認定を受けておくことが大事なのです。

 

2、どのように請求するのか・・・

まず事故の際、どんなにケガが軽くても医師の診断を受けておくことです。

私の知っているケースでは事故から何か月もして目の視力が下がり生活に支障が出た上に、腰の痛みが起き歯も抜く事になり、「事故の影響ではないか」と医師から言われた方などもいらっしゃいました。

「もう治った」と思っても通院を継続する事が大切なのです。

加害者側の保険会社の示談交渉に応じない事も必要です。

先方の保険会社は障害認定が行われる前に示談を成立させようとすることが多いです。後遺症が残りそうであれば、後遺障害認定が行われるまで示談に応じない様にしましょう。

保険会社の言われるままにしていても適切な等級認定は受けられません。等級認定を行うのは、「損害保険料率算出機構」と言われる所が保険会社からの依頼を受け行いますが、認定基準が非公開の所も多く一般の方には分かりにくい点もあるかと思います。

書類の作成収集も必要です。書類の中でも「後遺障害診断書」をどのように作成するかがカギになってきます。

誤解を招くような表現がないか、有利になる情報がある場合は医師に書いてもらう、必要な検査を受ける等をする事が大切になります。

交通事故専門の行政書士等にも相談をしてみて下さい。当事務所でも弁護士さんと提携して交通事故にあった方の手助けが出来ればと考えております。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー