生命保険の手続き

1、生命保険は相続財産になる?

原則的に生命保険は相続財産に含まれませんが、例外があります。

被相続人の死亡によって相続が始まり被相続人が生命保険に入っていた時は、誰が受取人になるかがポイントです。

遺言等で受取人を相続人の一人に指定いる時はその方が受け取ることになり相続財産とはなりません。相続人以外の方が指定されている時もその方が受取人となり相続財産ではありません。亡くなった方自身が受取人の場合は相続財産となり相続人の方達に保険金請求権が発生します。

ただし、保険金があまりにも高額で、受取人である相続人と他の相続人の間に不公平が生じるときは特別受益(相続人の中に被相続人から金銭などの利益を得ている時のその利益です)として持ち戻され、遺産に加えて計算される事もあります。

受取人が相続人以外の第三者の時は遺産分割の対象とされず、その方が受け取る事になりますが、相続人が受け取る時より保険に加入するための手続きが厳しい様です。

受取人は他の相続人の同意等がなくても保険金を請求でき、相続放棄をしていても請求できます。(原則として相続財産ではないからです)

 

2、生命保険の活用方法

生命保険に加入するメリットとして、相続財産とは切り離せると言う事があります。

遺留分(相続人が最低限もらえる遺産)の対象となりませんので、保険金全てをあげる事が出来ます(もちろん他の相続人との間に著しい不公平がない場合です)。

その他に、相続財産ではないので被相続人の口座が凍結されても請求でき、相続財産より早く受け取れます。長男に不動産を相続させ、その金額分を次男に生命保険で支払うと言った遺産分割をスムーズにする為の活用法もあります。

保険金を請求する為に必要な書類は保険の請求書の他、被相続人の戸籍謄本・住民票、受取人の印鑑証明書、保険証券・死亡診断書等があります。

これらの取得と保険金の請求を行政書士等に代行してもらう事も出来ます。「戸籍等を集めるのが難しい、請求に時間がかかりそう」と思う方は相談してみて下さい。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー