その他の手続き

税理士とは・・・

ここでは税理士、司法書士、弁護士の違いを相続手続きを題材にして説明したいと思います。

税理士さんはその名の通り税金の専門家で、相続に関しては相続税の申告や相続人・相続財産調査等を行います。相続税は最低でも3600万を超える財産がないと支払う必要はありません。申告するのは発生した相続件数の大体数%程度で、3600万を超えたら必ずかかるものでもありません。税理士さんか税務署等に相談してみて下さい。

 

司法書士とは・・・

相続財産の中に不動産がある方も多いと思います。司法書士さんは不動産の名義変更(相続登記といいます)を行います。

その他にも一部制限があるのですが、遺産分割協議書・遺言書作成、相続放棄の手続きを行います。不動産の名義変更の手続きは何度も法務局に出向いたりとなかなか大変なので、司法書士さんに相談してもいいかもしれません。当事務所も司法書士さんとの業務提携をおこなっておりますのでご相談ください。

 

弁護士とは・・・

弁護士さんはドラマなどでご存知の方も多いと思いますがトラブル解決のスペシャリストです。

相続に関して争いがある場合に代理人として調停・裁判に参加出来るのは弁護士さんです。相続税の申告等以外の手続きは行えますが、不動産の名義変更(相続登記)は専門性の高さから司法書士さんが行う事が多い様です。

 

最後に・・・

3つの士業さんをご紹介してきましたが、まず大切なのはどの手続きにも言えるのですが、争わない事です。争ってしまうとぎくしゃくした人間関係がそのあとも続く可能性があります。利害関係のある方が納得出来るにはどうすればよいのかを考えて士業を選んでください。

そして大切なことは自分で出来る事は出来るだけ自分で行う事も必要です。例えばケガをした時に大したケガでなければ自分で治しますが,大ケガなら病院に行く為お金がかかります。それと同じで自分で出来る事は自分でする方が当然少ない費用で手続きを行えるのです。丸投げするのではなく、その様な事をアドバイスしてくれる事務所を探す様にして下さい。

 

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー