取扱業務一覧

個人向け業務

・相続・遺言業務

トラブルを避ける為にはどの様な遺言書を作成すればよいのか、相続人の方達に納得してもらえる遺産分割協議にするにはどうすればいいのかをアドバイスさせていただきながら手続きを進め、争いのない相続を実現します。

 

・成年後見制度

子供さんや親戚が近くにおらず財産の管理・身上監護(福祉施設への入所手続き、入院、退院手続き)が心配な方。ご家族に認知症の高齢者や判断能力が不十分な子供さんがいる場合のサポートをさせていただきます。

 

・離婚関連業務

離婚後8割の母子が養育費等を払ってもらえず悩んでいます。離婚する際に財産分与や養育費など、話し合って決めたことを「公正証書」にして作成する事で子供さんとあなたの生活を守れます。当事務所では「離婚協議書」「公正証書」作成のお手伝いをさせていただきます。

 

・交通事故関連

交通事故に遭い「なぜ自分がこんな目に合うのか」と思われている方もいるのではないでしょうか。当事務所では賠償金やご家族を亡くされた場合の相続の問題にも真摯に対応させていただきます。

 

・会社設立・一般社団・NPO法人設立

法人設立には本などを読んだだけでは分からない知識も必要になります。当事務所では設立当初から設立後までの様々な会社経営に関する事をサポートさせていただきます。

 

・建設業許可申請

「入札の参加資格を得て公共工事を受注したい」「元請けから許可を取る様に言われた」「更新の時期が迫っている」「経営事項審査を受けたいがどうしたらいいのか」等と言う方ご相談ください。当事務所が許可取得から取得後も全力でお手伝いいたします。

 

・貨物運送業許可

「運送業を始めたいが何から始めるのか分からない、一括してサポートしてほしい」「他県に営業所を新設する」「霊柩車事業を始めたい」等の声にお応えします。許可を取った後に発生する問題もご相談ください。

 

・自動車・バイクの名義変更

名義変更は陸運局で平日に行い、書類の不備があると別の日に出直していく必要があります。「自分で名義変更したいが仕事や遠隔地である為行けない」等と言う方もご相談ください。当事務所が代行いたします。

 

・特殊車両通行許可

この申請は同一車両でも経路や申請の仕方で許可や不許可となり結果が異なります。最近取り締まりも厳しくなり、警告を受ける事業所が増えています。又「もっと車両を増やし事業を拡大したい」等の理由で許可を取りたい方もサポートいたします。

 

・ドローン飛行許可申請

ドローンの飛行許可申請は始まって間がない制度なのでこれからますます複雑になり許可を取りにくくなる可能性があります。又国土交通省の許可を受ければどこを飛ばしてもよいわけではありません。あなたが飛行させる為に許可が必要かどうかを含めて申請のお手伝いさせていただきます。

 

・産業廃棄物収集運搬業許可

産業廃棄物収集運搬業の許可を受ける為には、講習会を受講している事、経理的基礎を有している事等の条件があり、無許可営業に対する社会の目も厳しくなっています。当事務所では安心の料金体系であなたの事業を支援します。

 

・風俗営業許可申請

風俗営業許可の窓口は警察署となり、許可の条件が厳しいだけでなく、申請書類も多く詳細な店舗の図面作成や立地条件をパスしなければならず、かなり困難な作業です。当事務所ではこの難しい申請のお手伝いをさせていただきます。

 

・酒類販売業免許申請

当事務所ではこの申請に必要な事業計画、販売計画の作成や税務署との交渉、申請書の作成等を全て代行いたします。開業の準備で忙しく免許申請する時間がない方、税務署に相談したがうまく申請できない等でお困りの方は、ご相談ください。

 

・医療法人設立

医療法人の設立は「医療法」で厳格に定められており誰でも行えるものではありません。しかも申請出来るのは年2回なので、申請をお考えの方は早めに申請を考える必要があります。法人設立の際には節税などの様々なメリットも受けられます。当事務所ではワンストップでこの手続きを代行いたします。

 

・第二種金融商品取引業登録

投資組合を作りたい方、不動産信託受益権の売買、ファンドを運営したいので第二種金融商品取引業の登録要件を知りたい方等、この申請は登録後の運営方法や組織の管理体制などの様々な要件があります。あなたが不安に思っている事や疑問に思う事を相談してみませんか。

 

・古物営業許可

リサイクルショップ、古着、中古車の販売を行うには「古物商許可証」が必要です。管轄の警察署を経由して都道府県の公安委員会に申請します。古物には盗難品が混じる事もある事から審査の厳しい申請となります。当事務所ではこの申請代行を行います。

 

・助成金・補助金申請

助成金・補助金の交付を受けるには「選ばれる」申請書を作成する事が大切です。担当の方が「この会社に助成金・補助金を出そう」と思わせる申請書を作成し、あなたの会社経営をバックアップします。

 

・契約書作成(金銭消費貸借契約等)

契約書を作成する目的は紛争を防止する事にあります。契約書がないために後から裁判になると何百万、何千万ものお金がかかる可能性もあります。当事務所では争いを防ぐ為のお手伝いをさせていただきます。

 

・自賠責保険関連業務

交通事故による後遺症や治療費の打ち切りで悩んで、いる又は、後遺障害等級認定に納得がいかない方、被害者から加害者側の自賠責保険会社に「被害者請求」をする事が出来ます。入院等で手続きを行えない方に代わり当事務所が請求のお手伝いをさせていただきます。

 

・M&A・事業承継

中小企業の70%が後継者不足に悩んでいます。M&A・事業承継は大企業だけのものではなく、中小企業やお寺、農家等も行うことが出来ます。今のような時代だからこそ他企業と手を組み業務の拡大をしてみませんか、あなたの会社の最高のパートナーを探します。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー