遺言書を作成した方がよいケース

1、子供がいない時

亡くなった方に子供がいなければ、相続人は配偶者と亡くなった方の親になります。親もいなければ配偶者と亡くなった方の兄弟姉妹となり兄弟姉妹もいなければ甥姪となります。この様なケースはトラブルが多く、特にあまり交流がない時にもめます。配偶者と兄弟姉妹が相続人の時は遺留分(相続財産の内一定の相続人に残しておく最低限の財産)がないので、「配偶者に私の全財産を相続させる」という遺言書を残せば全て配偶者にあげることが出来ます。

 

2、内縁の場合

夫婦同然の共同生活を送っていても内縁の妻、夫に相続分はなく、認知した子供がいる時は子供に財産を残せますが、妻、夫には遺言で財産を残す必要があります。

 

3、相続財産が分けにくいものである時

例えば相続財産が不動産のみで分割しにくい物である時も遺言を残しておかないと自宅を売却してその財産を渡すように請求され、長年住み慣れた家を出ていくことになったケースもあります。

 

4、相続人の一人に会社を継がせたい

長男に事業を継がせたい時には長男に会社財産を相続させる遺言を書いておく方が経営をスムーズに出来ます。(例えば会社の建物は長男に、株は次男にとした場合株を売却するには次男の同意が必要となり意思統一が図れません)

 

5、相続人がいない時

相続人がいない時は、誰に財産をあげるのか遺言書を残しておかないと、財産は国庫に帰属します。(国のものとなります)

 

6、相続人同士が不仲

相続財産をどのように分けるのか個別具体的に遺言書で指定しておく必要があります。

 

7、行方不明の相続人がいる

一人でも相続人が欠けると遺産分割協議は成立しません遺言で相続分と遺言執行者を決めれば相続人の代わりに手続きを進められます。

 

8、相続人が多い時

相続人が複数いる時もそれぞれの利害が対立してもめることが多いです。遠方に住んでいる時はなお難しくなります。遺言書で相続分を決めておき、それでも心配な時は遺言執行者(遺言内容に沿って手続きを進める者)を指定しておきましょう。

 

9、ペットの面倒を見てくれる人がいない

ペットに直接相続財産をあげる事は出来ませんので(法律上ペットは物として扱われます)ペットの世話をしてくれる方に財産を贈与(財産を無償であげる事。プレゼント)する遺言を残します。当然ですが、生前お世話してくれる方とよく話し合っておく必要があります。この場合も遺言執行者を付けてもよいと思います。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー