遺言書の種類と特徴

1、自筆証書遺言とは・・・

遺言書には普通方式と特別方式があるのですが一般的に利用されているのは普通方式遺言なのでここでは普通方式の説明をしたいと思います。

まず自筆証書遺言ですが、全文、日付、名前を全てパソコンワープロを使わず自分で書く遺言です。

費用をかけずに、いつでも作成出来るのがメリットです。長い時間が経つと、どこに行ったのか分からなくなるのを防ぐ為に信用のおける方に預ける、内容を変えられない為に遺言の存在を相続人にどのように知らせるのかと言う問題もあります。

家庭裁判所で検認(遺言の存在を確認する事)と言う手続きを相続人に集まってもらって取る事にもなるので、費用は掛からないのですが、相続人の方の負担が大きい遺言書と言えます。

 

2、公正証書遺言とは・・・

公証人役場で公証人に内容を伝え、作成してもらう遺言が公正証書遺言です。自筆証書遺言と違い公証人が関わるので形式や内容が問題になる事がなく無効になる事がありません。

原本を役場が保管しますので無くしたりする事もなく、検認も必要ありません。何度か役場に行く事になり、戸籍等の必要書類を収集するのが大変であれば専門家に依頼する事も出来ます。費用がかかりますが、相続人の方達の負担を大幅に減らせ、遺言書の本来の目的である相続争いを防げる可能性の高い遺言と言えます。財産の多寡に関わらず相続争いは起きます。どの様にすればもめないで済むかを考え遺言書を作成するのが賢明と言えます。

 

3、秘密証書遺言とは・・・

殆ど利用されていないのですが、秘密証書遺言をご紹介します。

その名の通り内容を秘密にでき、存在は明らかにできる遺言です。公証人役場で作成するのですが、公証人も内容を確認出来ないので形式不備で無効になる可能性があります。

パソコン等での作成も出来ますが、自書していた方が無効になった時は、自筆証書遺言として有効になる事もあります。役場で作成するのですぐに出来ず、費用が掛かります。家庭裁判所の検認手続きも必要です。

 

4、最後に・・・

今まで述べてきた通り基本的には自筆証書遺言か公正証書遺言を選ぶことになると思います。

どちらの遺言も一長一短があります。相続人の方達の為に遺言書を作成する事を考えて、一番いい選択をしていただければと思います。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー