財産目録の作成

1、財産目録の必要性

財産目録とは亡くなった方(被相続人)の財産の一覧表です。

プラスの財産だけでなくマイナスの財産も記載し財産を相続するのか(単純承認と言います)相続放棄、限定承認の判断材料にします。

相続放棄はプラスの財産もマイナスの財産(借金等)も相続しないと言う事です。

マイナスの財産が多い時は考えてみてもよいでしょうが、相続が始まった事を知ってからから3か月以内に行わなければなりません。

限定承認はプラスの財産とマイナスの財産どちらが多いか分からない時等の方法です。結果的にプラスの財産が多ければその部分は相続できます。こちらも相続の開始があった事を知った日から3か月以内に被相続人の住所地の家庭裁判所に行います。限定承認は相続放棄と違い相続人全員で行います。

 

2、どのように作成するのか・・・

まず当然ながら被相続人の方が作成するのが一番好ましいです。

他の相続人の方ではどの様な財産があるか把握できない事もあります。

特に借金などは亡くなった方が内緒にしている事もあり見つけるのが難しい財産です。他の相続人の方も「これですべてなのか」と勘繰る事もあると思います。まして遺産分割の後に別の財産が見つかったらやり直す事になりトラブルの原因になります。慎重に調査を行ってください。

書式は決まった様式などはないのですが、不動産、預貯金等の種類毎に作成しプラスの財産マイナスの財産も分けて作成すると分かりやすいと思います。

「なかなか難しい」と言う事であれば、専門家に依頼してもいいと思います。相続財産の内容を知ることができる資料や書類等をご準備いただき、固定資産評価証明書、不動産の登記簿等を代行で取得して作成していきます。

最初に書いたように原則として相続放棄も限定承認も相続が始まって3か月以内という期間があります。相続人の方が調査して財産目録を作成するにしても、専門家に頼むにしても、早急に対応する必要があります。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー