財産調査・残高証明の取得

1、なぜ財産を調査するのか・・・

相続が始まると、遺産分割の為、不動産や預貯金等の相続人の財産を把握する必要があります。

「調べなくても、分かってるよ」という方もいらっしゃるかもしれませんが、調査をしてみたら相続人の方達の知らなかった借金があったということもあります。

マイナスの財産が多いときは、相続放棄をする事も考えなければならないと思います。放棄するには自分が相続人になったことを知った時から3か月以内にしなければなりません。そしてそれなりの金額があれば、相続税がかかります。こちらは10か月以内です。私の経験上あちらこちらに行って色々調べている間にすぐに3か月、10か月と言う時間は過ぎて行きます。

 

2、まず何をするのか・・・

財産の多くが不動産や預貯金関係言と言う事も多いと思います。

被相続人が財産とその金額をノートなどに書いてくれていればよいのですが、そうでなければ預金通帳や金融機関からの郵便物等を調べ金融機関に問い合わせます。通帳が見つかった時は残高証明を取り正確な金額を把握しておく様にします。

しかし、相続で残高証明を取ると口座名義人の死亡が確認され口座が凍結されます。そうなると、お金を引き出せない上に、公共料金等も払えなくなりますので注意が必要です。

不動産は役所から届く固定資産税納税通知書に土地建物の地番、家屋番号が載っているので、法務局で登記簿謄本を取ります。役所で名寄帳(ある人物が持つている不動産の一覧表)を取る方法もあります。未登記建物の事も記載されていますが、記載漏れがあることもあります。その時は法務局で公の地図である「公図」を取り、登記簿謄本を取得します。この様にして調べたら、「財産目録」に記載します。

 

3、自分でも出来るが・・・

財産調査は相続人の方一人でもできます。

他の相続人の方達の承諾も必要ありませんが、不動産や預貯金などのプラスの財産とマイナスの財産を調べ、相続財産目録を作成して遺産分割協議を進めることになります。ここまで読んでもらって分かっていただけた様に、何度も役所や金融機関に出向くようになる上、ある程度の知識も必要になるので、中々大変です。専門家に相談してみるのも一つの方法ではないでしょうか。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー