自賠責保険被害者請求について

1、被害者請求とは・・・

自賠責保険とは車やバイクを運転する方は入らないといけない強制保険と言う事はどなたもご存知だと思います。

事故が起きると加害者の加入する任意保険会社が窓口となって自賠責保険と任意保険を支払います。これを任意一括請求と言います。

メリットとして保険会社の作成した書類に目を通して、署名・押印すれば保険金が支払われるので、手続きが簡単である点ですが、被害者と加害者との示談が成立してからでないと保険金が支払われないので、支払いが遅くなる傾向があります。

そして加害者側の保険会社に任せると言う事は障害が残る様な事故であっても障害等級が低く判定されやすくなります。

どうしても加害者の保険会社のペースになるのです。つまり被害者が自分で行動を起こす必要があると言えます。

自賠責保険の請求には加害者が事故の被害者に損害賠償金を支払って自賠責保険に請求する加害者請求と、加害者に誠意がない等で損害賠償金を支払ってもらえない時に被害者が自賠責保険に請求する被害者請求があります。

被害者請求のメリットとしては、加害者の保険会社任せにせずに自分で必要な書類等を提出できるので手続きの透明性が増し、自分が望んだ障害等級の認定(1級の場合最高4千万円~14級の場合最高75万円)を受けやすくなり、示談前でも保険金を受け取る事が出来るので、入院費等一時的にでもお金の心配をしなくて済みます。

示談金を増やせる可能性もあります。任意一括請求にするか被害者請求にするかが、自賠責保険を請求する時のカギと言えるのです。

 

2、被害者請求の流れ

被害者請求を加害者の保険会社にするには、加害者の保険会社を調べることから始まります。

事故の際に自動車損害賠償責任保険証明書(車検証とセットになっています)を確認し、加害者の自賠責保険会社名、自賠責保険証明書番号を住所、勤務先と共に記録しておきましょう。

事故を警察に届けを出しておけば、自動車安全運転センターが交通事故証明を発行してくれ、そこに加害者の自賠責保険会社名が記載されています。

そして保険会社に連絡を行い保険金請求するのですが、その際に保険金請求書、交通事故証明書等多数の書類が必要になります。入院等をしていれば当然自分で行うことは困難です。専門家等に被害者請求を相談してみるという選択肢もあるのではないでしょうか。

被害者請求は事故の被害者に認められた固有の権利です。事故に遭われた方は、ご自分の権利を堂々と主張し勝ち取ってください。

当事務所ではそのお手伝いが出来ればと考えております。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー