自賠責保険関連業務

1、自賠責保険とは・・・

自賠責保険自賠責保険は他人のケガに備える為の保険で、対人賠償保険です。車の修理や自分のケガにも請求出来ません。

死亡事故は最高3千万、後遺障害の時は最高75万~4千万円、ケガの時は120万円を限度に支払われます。

請求には2つの方法があります。

事故にあった方が治療費等のまとまったお金を早く受け取れるための制度として被害者請求の仮渡金請求と言われるものがあり、保険金が支払われる前に一定の金額を被害者が請求して受け取り、一回のみ請求出来ます。請求できる金額は、一人につき傷害事故で5万~40万円、死亡事故で290万円です。請求に必要な書類として保険金支払い請求書、人身事故の時の交通事故証明書、事故発生状況報告書等があります。

これに対して、加害者、被害者どちらからでも請求出来るのが本請求です。

被害者の治療を終わり損害額が確定してから請求を行います。請求方法は、加害者が被害者に損害賠償金を支払っている時には領収書と必要書類を添えて保険会社に請求する加害者請求と、被害者が加害者の保険会社に直接請求する被害者請求があります。

加害者から仮渡金当を受け取っているとその金額が差し引かれます。

自賠責保険の請求には時効があり、加害者側は被害者に賠償金を支払った日から3年間、被害者は死亡の時は死亡の翌日から3年、後遺障害の時は症状固定日の翌日から3年、傷害の場合は原則として事故日の翌日から3年となります。

 

2、行政書士に依頼するメリット

交通事故の被害者でありながら、加害者や保険会社との示談交渉でまた嫌な思いをなされている方もいるのではないでしょうか。その様な方を一人でも減らしていきたいという思いで交通事故専門の行政書士は日々活動しています。

加害者側の保険会社も簡単には保険金を支払ってはくれず、顧問の弁護士を抱えていたりもします。

当事務所では交通事故専門の弁護士や他仕業とも提携しており、後遺障害等級認定手続きは行政書士、示談交渉は弁護士と適材適所で業務を行っており、どの様な案件にも対応できる体制を整えております。他の専門家よりも費用も少なくて済むはずです。

保険会社に説得され諦める前にぜひご相談ください。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー